ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2012.12.18 03:54政治・経済

デタラメ選挙制度によるデタラメ圧勝!

昨日のブログ
「安倍自民党は民意の
積極的支持を受けてはいない」
の続きです。

さらに詳しい選挙結果の分析が出てきて、
自民党の「民意薄い圧勝」の実態が
明白になってきています。
自民党御用新聞の産経でさえ
昨日に引き続き、今日の朝刊でも
「自民党の得票率は43%程度にすぎない」
として、この「圧勝」と実際の民意の間に
「もしかしたら乖離があるということは
肝に銘じておく必要がある」
と書いています。
しかも、産経がここで書いている
「自民党の得票率は43%」というのは
投票した人のなかでの比率であり、
戦後最低の59.32%を記録した
投票率を考慮していません。
棄権した人を含めた、
全有権者に占める比率でいえば、
小選挙区で自民党の候補者を書いた人は
24.67%にすぎないのです!
投票しなかった人は
権利を放棄したのだからカウントしなくていい
という意見には賛成しません。
棄権も一種の意思表示だと考えます。
小選挙区では全有権者のたった4分の1
の支持しかないにもかかわらず、
全国300選挙区のうち237区で
自民党が勝利、勝率は79%になりました。
比例復活を含めれば、
選挙区に出馬した自民党候補の
当選確率は95.5%にも及んだのです!
しかも、投票者に占める43.01%という
数字で見ても、これは2005年の
郵政解散で自民党が圧勝した際の
得票率43.85%より低いのです。
にもかかわらず、獲得議席は
2005年より69議席も増えています。
これは、今回の選挙では政党が乱立し
非自民の票を食い合って
自民に「漁夫の利」をもたらしたためで、
候補者乱立がなければ自民は
単独過半数の確保ができなかった
計算になるのです。
もっとひどいのは、
政党名で投票する比例代表で、
ここで「自民党」と書いた人は
棄権も含めた全有権者の
たった15.99%にしかならないのです。
しかもその得票数は
衆院選に比例代表が
導入されてから過去最低。
前回、民主党が圧勝した
選挙よりも219万票も
減らしているのです!
前回、民主党圧勝の選挙よりも、
自民党は支持されていないのです!
それにもかかわらず、
自民の比例当選の
議席は増えています。
現行の選挙制度が、
デタラメすぎるのです!
今回の自民「圧勝」は
小選挙区比例代表並立制という
現行制度の「魔力」であることは、
産経新聞ですら認めています。
民主党の小選挙区の得票率は
自民党の約半分だったのですが、
議席は自民党の1割強しか
獲得できなかったのです!
これでは、また次の選挙では風次第で
どーにでもなってしまいます。
一刻も早く選挙制度を見直し、
中選挙区制を
復活させなければなりません!
そうしなければ、今後も日本の国は
選挙のたびに右に左に大きく
揺れ続け、そのうち
ぶっ倒れてしまうでしょう!
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ