ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2012.12.18 18:43

民意は、やはり「脱原発」

今回の衆議院選挙で、
原発の維持や推進を唱えた政党はどこか。

12の政党の中で、
そうした主張を掲げたところは、皆無だった。

自民党だけは曖昧戦略。

それ以外は全て、多少の温度差はあっても、
原発(依存)から抜け出す方向性を打ち出した。

で、投票結果はどうだったか。

投票者のうち自民党比例区への投票は
わずか27、62%に過ぎない。

小選挙区でも43、01%だった。

ということは、小選挙区でも約57%、
比例区では4分の3近くの投票者が、
脱原発に支持を与えたことになる。

小選挙区に、脱原発を掲げる各政党が候補者を乱立させた為、
結果的に議席獲得の点で、
自民党に有利に働いたに過ぎない。

しかも、自民党への投票者の場合も、
公約自体が原発への姿勢を鮮明にしたものではなかったから、
全て原発維持や推進への支持と見る訳には、
もちろんいかない。

であれば、今回の選挙で示された民意は、
どう読み解くべきか。

やはり、大勢として脱原発に向かうものだった、
と言えるだろう。

議席数に惑わされて、投票行動の実態を見誤ってはならない。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ