ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2012.12.29 04:59政治・経済

ネットひきこもりのデマ首相は危険だ!

安倍晋三は首相官邸での
記者団の「ぶら下がり」取材を拒否し、
自分の考えはフェイスブックで
発信すると言ってるそうです。

さすがヘタレの安倍晋三!
記者団と面と向かって
話をするのが怖い!
第1次政権時代、ぶら下がり取材の時に
記者ではなくテレビカメラを凝視して
しゃべる様子が異様でキモいと言われて、
「KY」とか言われて人気が急降下したのが
そんなにトラウマになってるんですかねえ?

あれはぶら下がり取材のせいでもなく
マスコミの陰謀でもなく、
ただただ安倍の自爆だったんですけどね。
パソコンに向かって、
しかも自分の支持者ばかりが
「ともだち」になってるフェイスブック
でしかものが言えましぇん! なんて
よく表明できるもんだなあ。
スーパー内弁慶の
チキン・ホークです!
その安倍首相のフェイスブックについて、
今日の東京新聞コラムで中川淳一郎氏が
「マスコミたたき」
「ネットユーザーへの共闘呼びかけ」
目立っていると指摘して、
その実例をあげています。
TBSが痴漢犯罪報道の中でなぜか
安倍の画像を出してしまった時には
「これから1ヶ月こうしたマスコミ報道との戦いです」
「ネガティブキャンペーンが
いよいよ始まったのでしょうか?」
「私は皆さんと共に戦います」と煽る。

朝日新聞の報道について
「安倍叩きを社是とする
朝日の偏向報道です」
と煽る。

安倍を揶揄したとされるキャスターの写真を貼って
コメント欄で叩かせる。
中川氏は「これくらいであれば、マスコミへの
対抗策としてまだ健全だ」と書いてますけど、
私はこの時点でもう異常だと思ってしまいます。

特にTBSの件なんか、どう見たって単なる
放送事故なのに、それを「陰謀」にしてしまう
精神構造は、すでにヤバイと思うのですが、
それでもこれはまだマシな方で、
中川氏が問題としているのは別の件です。
安倍はNHKの「どうする日本 新政権に問う」
という番組の出演者を
「反安倍のクリンナップ」と表現し、
そのうちの一人、藤原帰一東大教授について
「『帰国した5名の拉致被害者は直ちに北朝鮮へ
帰すべきだ!』という発言で有名な藤原帰一教授」
と書きました。
しかし、藤原氏はそんな発言を
したことなどないのです。
事実無根の「誤爆」であるにも関わらず、
今のところ訂正などの対応はナシで、
そのため今も藤原氏がそのような
発言をしたと思い込んでいる者が多いようです。
一国の総理が一個人について
デマ流してほったらかし!
安倍晋三の行動も精神状態も、
極めて危険と言う以外にありません!
安倍晋三は、ネトウヨを
利用しているというより、
安倍晋三自身の心性が
ネトウヨそのものなのです!
まさにニセモノ愛国者、
ニセモノ政治家です!

そのうち、この本も何かの

「陰謀」の産物にされるかもしれません。
安倍ちゃん、ネット空間に
ひきこもっちゃダメですよ。

どんどん頭がおかしくなりますよ。

お外に出てらっしゃい。

ちゃんと、記者の人たちと
お話ししましょうね。
トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ