ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2012.12.30 10:53ゴー宣道場

働く女性の声を聞いてみたい

よしりん先生の
登場です
絵文字:星



「第33回 ゴー宣道場」
『景気と幸福について考えよう』
のはがきの応募は終わりましたが、
ネットは 新年4日 まで
受け付けています。

みなぼんは、今夜のうちに
応募はがきの返信を
書いておかねばならないから、
31日の午後にしか帰れないんだって。

感心だね。

ライジングの読者の意見で、
未婚女性が男に求める年収が
600万というから、
男の20%は200万以下なので、
結婚できないというのがあった。

民主党の「子ども手当て」は
少子化対策においては真っ当だった、
自民党の国土強靭化に
200兆円よりも良かったではないか
という意見だ。

わしはこれに、
年収600万の男が望みなんて、
言ってみてるだけだろうと答えた。

実際はそんな高収入の男を
ゲットする女は、少数のはずだ。

最近の若者は、
男女ともに夫は外で働き、
妻は家を守るという、
専業主婦願望が高まっているという。

何を考えてるんだ?

世間知らずもほどがあると、
わしは思うのだが、
いわゆる保守系の知識人の中には、
今もまだ専業主婦が正しいと
言ってる馬鹿がいる。

「THEMIS」という雑誌で見たのだが、
今は女性が働くので、
男性不況になっていると嘆き、
渡部昇一

「本来、家事や子育ては
 女性の権威を高めるものだ。
 いい母親がいなければ国は滅びる」

と発言している。

そりゃあ、誰だって
専業主婦になれたら楽ちんだろう。

働くことが生きがいになる
女性もいるだろうが、
いまどきは「生きがい」で
働くのは贅沢なくらいで、
女性が働かなければ
子供を育てられない。

男の稼ぎだけでは、
大学まで出せないという状況だ。

この件に関する反響が、
門弟の女性の方々に多い。

民主党時代に
「子ども手当て」が支給され、
26000円の公約は実現されず、
1万円になったが
(それまでの自公政権の児童手当は
 5000円だった)、
これでも働く母親にとっては
助かったらしい。

いわゆる保守系の者たちは、
この不況では「子ども手当て」は
貯蓄に回されるだけだと
批判していた。

だがそれは
現場を知らぬ空論のようだ。

門弟の女性や、
その周囲の家庭でも、
「子ども手当て」を
貯蓄に回した人などおらず、
それまで経済的に
二の足を踏んでいた
教育費に回したり、
保育費になったりしていたという。

子供を育てながら働くことが、
困難な時代になったのだ。

公共事業に200兆円使うことが、
少子化を止めることになるか?

インフレと増税で、
将来不安は解消されるか?

わしは民主党のように、
公共事業を敵視するのは
間違いだと思うが、
将来不安の解消のために
公共投資することこそが
必要だと思う。

参院選のためのばら撒き、
目先の景気のための
ばら撒きをやっても、
効果がないどころか、
大借金をつくってしまい、
大増税に繋がるだけだと
思っている。

そして安倍政権は確実に
TPPに参加するだろう。

ルール作りに参加するためには、
参院選後までは待てない。

ネトウヨみたいな馬鹿どもには、
もう未来はない。

もっと過激な市場競争になる。

日本国内の公共事業は
外資にとられるかもしれず、
労働者も流入して、
低賃金でモーレツに働きだす。

『景気と幸福について考えよう』  は、
今後の日本人にとって、
重大なテーマだと思う。

この問題は、参加者の、
特に女性の現状報告が
大事かもしれない。

わしも勉強するつもりで、
みんなの意見を聞きたい。

 



年末年始に入るため、参加者募集の〆切が通常より早めになります。
参加ご希望の方はぜひ、お早めにご応募下さい
絵文字:重要絵文字:急ぎ

また、HP上の申し込みフォームからも申し込み可能です絵文字:重要絵文字:パソコン

上 ↑ のHPメニュー「道場参加申し込み」、もしくは下 ↓ の申し込みフォームバナー(画像)
クリックして、申し込みページにお進み下さい絵文字:よろしくお願いします
入力必須項目にご記入の上、お申し込み下さい絵文字:重要絵文字:メール

お申し込み後、記入されたメールアドレス宛に「申し込み確認メール」が届きますので、
ご記入内容に間違いがないか、よくご確認下さい。

申し込み〆切後、当選された方にのみ「当選メール」を送らせて頂きます。
当選された方は、道場当日、その「当選メール」をプリントアウトの上、会場までご持参下さい。

 道場参加申し込みフォーム

引き続き、往復ハガキでの応募も受付けております絵文字:重要絵文字:記念日

入場料は、お一人1000円です。

参加ご希望の方は、

往復はがき に、『第33回参加希望』 と明記、

さらに、


1.
氏名(同伴者がいる場合はその方の氏名と続柄・関係など)

2. 住所

3. 電話番号
4. 年齢

5.
職業(学生の方は学校名)
6.
募集を知った媒体
7.
応募の理由と道場への期待

返信はがきの宛名には、ご自分の氏名・住所をご記入の上、

152-8799

東京都目黒区目黒本町1-15-16 目黒郵便局・局留め

『ゴー宣道場』代表・小林よしのり、担当・岸端


まで、お送り下さい。

今回の 応募〆切は年末年始に重なるため、変則的になります。

絵文字:記念日往復はがき絵文字:記念日 でのお申し込みの方は 平成24年12/28(金)必着
絵文字:パソコンインターネット絵文字:パソコン からのお申し込みの方は 平成25年1/4(金)まで です。

当選された方にのみ当選通知を送らせて頂きます絵文字:記念日
(往復ハガキで応募された方は返信ハガキで、ネットから応募された方は
 当選メールでの通知となります。)

当選通知の送付は、応募〆切後になりますので、しばらくお待ち下さい絵文字:よろしくお願いします

皆様からの多数のご応募、お待ちしております絵文字:重要絵文字:晴れ

みなぼん

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ