ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.1.3 05:19よしりん先生の登場

年末のSKE48とももクロは凄かった

よしりん先生の
登場でーす!
・・・・・



正月は退屈と思ってたのに、
経済の本と、大東亜論の
史料を読んでたら、
仕事始めまでの時間が足りないと
焦り始めたわしです。


まだまだ膨大に
読むべき本がある。


しかし年末紅白の
SKE48とももクロは凄かった。


AKB
姉妹グループの中で、
最も笑顔がはじけている
須田亜香里ちゃんが、
あんなに綺麗なバレエを
やってのけたのには驚いたし、
藤本美月ちゃんの
バク天・バク宙には仰天した。


ももクロ

元気良さにも感動した。


やっぱり
AKBのライバルは
ももクロだ。


それにしても
歳をとった演歌歌手は
艶っぽさが失せる。


悲しいことだが、
カツラにしたり、
髪を染めたり、
厚化粧して誤魔化しても、
老化はどうしても隠せない。


かつて好きだった演歌歌手も、
ももクロや
AKB48が踊ったり、
応援したりしなければ、
歌を聞こうともしないだろう。


伍代夏子のバックで踊った
大島優子は色っぽかった。


優子ははっちゃけた
ロックも似合うし、
着物で艶っぽく踊るのも似合う。


やっぱり次世代、次世代と
世間で勝手なことを言ってても、
優子は格が違う。


AKB48
の中では
古参と言われる
20
代の乙女たちが、
これから一番美しく、
色っぽくなっていく子たちである。


AKB48
がいなけりゃ、
紅白は成り立たない。
わしは間違いなく見ない。


演歌を聞かせたければ、
岩佐美咲を出さなきゃダメ!


今年の年末は岩佐美咲と
NMB48を出すこと。
それがNHK紅白の使命だ。


だが、美輪明宏の
「ヨイトマケの歌」は特別だった。
圧巻のパフォーマンスだった。


色恋の歌ではないから、
歌唱力、演技力で惹き付けられる。


そして、貧困層が拡大しているから、
あれがリアルに感じられるのだ。


高度経済成長の夢再びの、
鈍感な年配者や、
安倍自民党支持者や、
自称保守の者たちは、
「ヨイトマケの歌」を
懐古的にしか聞かないだろう。


だが、あのような
母子家庭の物語が、
今も生々しく聞こえるような
貧困層が拡大していることに、
国民は気付かなければならない。


そういう意味で、
美輪明宏の「ヨイトマケの歌」は
大成功だった。


裏でやってた
「ガキの使い」も大笑いした。


ダウンタウンの
笑いをこらえる
リアクションは最高に可笑しい。


松本人志に言いたいが、
まだまだマンネリではないぞ!

 


 

 

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ