ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2013.1.31 03:51AKB48

AKB48 峯岸みなみはどうなるか?

よしりん先生の
登場で
絵文字:絶望絵文字:急ぎ



週刊文春が
峯岸みなみ のお泊り愛を撮った。

「童顔だと思って油断してはいけない」

それが今回の教訓だな。

AKB48紅白の審査員をやったとき、
休憩が終わってステージに出る直前、
ゆきりんみなみちゃん
座り込んで話をしていた。

わしはゆきりんに
新曲を楽しみにしてると声をかけ、
みなみちゃんにも
「MCも面白いし、子兎道場の司会とか、
頑張ってるね」
と声をかけたんだが、
なんだか浮かぬ顔で
笑顔を見せなかった。

やっぱり初期のメンバーは
色々吹っ切れない悩みを
抱えているのかなと思った。

わしに駆け寄ってきて、
「私、絶対裏切りませんから絵文字:重要
と宣言した みるきー(渡辺美優紀)

「漫画に描いてくださったんですね」
と声をかけてきた 鈴蘭

新世代の子たちのはじけ方と、
初期メンバーの雰囲気は随分違う。

わしは「UGN(ウラギラナイ)48」を選ぶとき、
あえて一期生・二期生は外した。

大して恋愛経験もないままに、
十代をAKB48の活動に
埋没させたメンバーに、
これ以上恋愛禁止ルールを
守らせるのも残酷かもしれないと、
わしは思うようになった。

AKBに入る前に
恋愛経験がある子は得だ。

AKBに入って恋愛以上の
実存を見い出したとなれば、
幸福だろう。

だが恋愛経験がないままで、
20代以降もAKBを続けるのは、
難しいかもしれない。

高橋みなみ篠田麻里子
小嶋陽菜 は、まだ迷いなく
AKBでいたいと思っているようだ。

それは個人としての
注目度が段違いで、
成功の階段を
着実に上っている実感が
あるからだろう。

彼女たちはAKBの活動に
実存を感じているのだ。

それを考えると、わしは
高城亜樹宮澤佐江
仲川遥香鈴木まりや などの
中堅どころが愛おしく思えてくる。

恋愛に逃げることなく、
生真面目に
AKBに貢献してくれている。

今年の総選挙は
そういう子たちに票を入れたい。

個人でやっていける自信のある子は、
ルールを破って、
さっさと卒業すればいい。

AKBブランドが必要な子は、
ルールを守って、
アイドルを続けてほしい

先日、リクアワのあとで、
指原莉乃
「私もUGN(ウラギラナイ)48に入りたい絵文字:重要
と言ってたが、さすがだなと思った。

ギャグセンスがある。

だが20歳過ぎて、
酒も飲めるようになって、
益々リスキーになったので、
断った。

そもそもさっしーは
AKB内非アイドルであって、
AKB内道化師であり、
HKT48の指導者である。

たった一人、
特例で認められた存在なのだ。

そして 大島優子 は別格だ。

もう何があっても
失望することはない女王として、
わしは推している。

週刊文春が何を書いても
ビクともしない絵文字:重要

ショックを受けるとしたら、
「優子は男だった絵文字:重要
と書かれたときくらいだろう。

さすがにそれは参る。
熱を出すかもしれない。

運営がどう判断するかわからないが、
増田有華 のことがあるから、
峯岸みなみ をスルーするのは
難しいかもしれない。

でもわしは、卒業となれば、
そのあとの彼女たちの夢を
応援してあげたい気持ちもある。

 

みなぼん

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ