ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.2.24 03:24よしりん先生の登場

TPP参加で地獄を見てこい!

よしりん先生の
登場です!!

・・・・・




夜は寝る生活になったので、
申し訳ないが「朝ナマ」の
依頼は断らせてもらっている。


体罰は次回「ゴー宣道場」の
テーマでもあるので、
今回は録画して見てみたが、
収穫はない。


本来、教育は
国家のビジョンと一体なので、
ヒューマニズムだけで語っても
意味がないのだが、
その点は討論の参加者の
誰も気付いていないようだ。

 

ダメなのは、田原総一朗が
急に民主党バッシングを
始めることだ。


今さら民主党を苛めて何になる?


民主党が失敗したことは
もう分かりきっている。


安倍政権が
70%を超える支持となると、
誰も彼もが勝ち馬に乗って、批判できない。


田原も安倍政権を
批判する気はさらさらない。


その分、「水に落ちた犬は叩け」
とばかりに、民主党を未だに叩く。


こういう根性が大人に見られるから、
子供たちも勝ち馬に乗って、
弱い者いじめに走るのだ。


ネトウヨも同様で、
自分たちが弱すぎるから、
匿名の馬鹿の多数派で、
少数派の在日差別をして、
自分のプライドの底上げに熱中する。


近頃は良い意味での
「反体制」すら消滅してしまった。


体制擁護、自民党擁護が
「保守」だと思い込んでる
「自称保守」の連中もいる。


最近では西部邁らの一派まで、
安倍晋三を持ち上げて、
保守を自称してる始末だ。


安倍政権が
TPP参加、構造改革に
進むのは当たり前のことで、
公共事業は選挙対策と消費税増税の
ための当座の誤魔化しに過ぎない
ことくらい見ぬけないのか?


西部一派は
原発を擁護した時点で
終わっている。


かくして自称保守
全般が左翼化したのだ。


自称保守は実は左翼であり、
皮肉っぽく命名するなら、
「革新ホシュ」とでも呼べるだろう。


「革新ホシュ」どもは、
日本国民には政党や政策の
選択肢がいらないと
思っているのだろうか?


日本は一党独裁体制で
いいとでも思っているのか?


TPP参加で
グローバリズムは益々進む。


それは底辺に向かう競争だから、
労働者の賃金は
世界の最低水準に向かって、
下がっていくだけである。


いっぺん地獄の底を
覗いてくるがいい。


トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ