ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.3.5 03:53よしりん先生の登場

自由民主党は「保守」なのか?

よしりん先生の
登場です!!

・・・・・




今日配信の
「小林よしのりライジング」で
『日本保守の
「自由」「平等」は、
西洋左翼の
「自由」「平等」とは違う』

という論文を書いた。


前回、
東西冷戦とは、左翼イデオロギーの
「自由陣営(米国)」と
「平等陣営(ソ連・中国)」の
内ゲバであった

というところまで書いた。


アメリカも、フランス革命の理念である
「自由・平等・同胞愛」で造られた
左翼国家なのだ。

 

日本の親米派は「左翼」と
規定しなければ、
日本は何を守るべきか、
「保守」とは何かが
分からなくなってしまう。


自由民主党とは
「保守」なのか?


「自由」と「民主」という、
フランス革命の理念を掲げた政党が、
「保守」と思い込まれている錯誤を
誰も指摘しないことが、
TPPに邁進する危機を
招いてしまったのだ。

 

TPPは関税の問題だけでなく、
「非関税」障壁の撤廃
という問題がある。


これは「国柄」の破壊になるのだが、
愛国心を道徳教育に掲げる政党が、
なぜ平然と国柄破壊への道を選ぶのか?


安倍政権は日本の何を
誇りと思っているのか?

 

わしが書いた論文は、
思想的に根源的な問題なのだが、
どうせ理解できる者は
圧倒的少数に決まっている。


虚しいと知りつつ、
時間をかけて書いてしまうのは、
それでも少数の誰かが、
日本を「保守」する意味に気付いて、
後世に伝えてくれることを願うからである。


トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ