ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.3.7 01:35よしりん先生の登場

反TPPを貫く国士はいないのか?

よしりん先生
怒りの登場です!

・・・・・




TPP「交渉」参加という言い方が
詭弁であることくらい誰にだってわかる。


交渉に参加したが、
TPP参加はやっぱりやめた
などということは絶対にない。


安倍政権を支持した者は、
TPP参加を支持したも
同然なのだ!


自民党内の抵抗勢力も、
安倍政権の支持率が高いから、
もう逆らえない。


西田昌司もあれほど
TPP参加反対と言っていたが、
テレビで未だに反対と言ったところで、
安倍晋三に逆らうことは絶対に出来ない。


これで支持率が低ければ、
党内でも徹底的に
反対を貫いたはずだ。


自民党内の
TPP反対勢力は、
結局は「国柄」よりも、「公」よりも、
「権力」が欲しいだけなのである。

安倍晋三のおかげで議席を得て、
安倍晋三のおかげで与党でいられる。
この甘みには逆らえない。


もし
TPP反対を貫けば、
国民から悪人扱いされる。
抵抗勢力にされる。


だからもう条件闘争で
お茶を濁すしかない。


農業も医療も、日本人の手で
問題を解決することはできないと、
TPP賛成派は言っている。


TPP
に入って、
外圧(アメリカのルール)で
改革してもらおうと言っている。


そういうへタレどもが、
日本人の誇りなどと気安く言うな!


自由貿易の障壁になるものは
「関税」だけではない。


「国柄」そのものが
「非関税障壁」になる。


だが「国柄」を守ろうとする
自民党議員もいないし、
保守言論人もいない。


もはや安倍晋三という
「改革左翼」首相に、
一任、丸投げしてしまった。


日本に「保守」勢力など
いなかったのである!


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344021347/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=gosendojo-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4344021347

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ