ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2013.3.28 02:35AKB48

AKB48選抜総選挙「立候補制」への疑問

よしりん先生の
登場です絵文字:重要



昨日のブログに書いた、
SKE48の「マジカルラジオ」で
わしの名前を出したのは、
木本花音ちゃん」 でした。

花音ちゃんにお詫びします。

古川愛李
一緒に出てたから、
チームKIIの
高柳明音 と思い込んでた。

さて、
AKB48選抜総選挙の
立候補制」 に対する、
わしの疑問を表明しておく。

「運営が少女を追い込んでる」 とか、
世間のバッシングに負けて
譲歩したのなら間違いだ。

少女たちは逆に迷い始める。

AKBグループに入るということは、
厳しい競争社会に
参加するということであり、
総選挙が嫌なら、
オーディションを
受けないんじゃないか?

本気(マジ)」 で戦う覚悟をして
AKBに入ってきた子たちに、
恐いなら立候補しなくていいんだよ
と囁くのは、逆に残酷だろう。

神風特攻隊は
志願制」 だった。

だが、「志願する者?」
と聞かれたとき、
同調圧力が働いて、
一歩前に出てしまう者がいた。

「志願」しなかったものは、
愛国心がないと誤解されて、
苦しむことになった。

立候補」 とか、 「志願」 とか、
そういうのは 「自己責任」 に
帰すように見えて、
残酷な制度になるのだ。

卒業メンが立候補するのは、
リスクがない。

圏外になって元々じゃないか。

だが一年間、
本気(マジ)」 で練習して、
ファンにアピールしてきた
少女たちは、
この一年間の評価を
ファンに問うのだ。

AKBの劇場公演の終了後、
わしに向かって、
○○です絵文字:重要よろしくお願いします絵文字:重要
と大声でアピールしてきた
研究生がいた。

「必死なんだな。
 本気(マジ)なんだな。
 健気だな。」
と思って少し泣けた。

「全員、有名になればいいのにな。」
と思った。

宮脇咲良武藤十夢 のように、
予想外で圏内に入ってくる
ジャパニーズ・ドリームが、
今回からはない。

「立候補」したメンバーからしか
選ばれないから。

古参のファンは、
卒業メンバーの復活を
望んでるらしいが、
彼女たちだって
菊地あやか のように、
もう一度オーディションを受けて、
研究生から復活すれば
いいんじゃないか?

わしが 菊池あやか を好きなのは、
本気(マジ)」 があるからだ。

前田敦子 を評価するのは、
本気(マジ)」 の
象徴だったからだ。

「本気(マジ)」 が消えたら、
AKBは終わるのだぞ絵文字:重要

 

 

 

みなぼん

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ