ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.4.9 05:06よしりん先生の登場

バグダッド陥落から10年の憲法改正の問題点

よしりん先生
三連投!

・・・・・




今日9日はイラク戦争で
バグダッドが陥落してから
10年だという。


もうあれから10年が経つのか!


若い人は知らないだろうが、
わしは「イラク戦争反対」の
立場を取って、自称保守派と対立。


ネット右翼の
「アンチ小林よしのり」の姿勢は、
イラク戦争を巡る
親米ポチとの論争から始まった。


自称保守論壇誌が、
ネットの中で展開される、
わしへのバッシングをまとめて、
掲載したりしたものだ。


自民党政権と、
自称保守論壇と、
ネトウヨの連携は、
イラク戦争のときに、
すでに始まっていたのである。


産経新聞や
自称保守派&ネトウヨは、
アメリカの勝利を称え、
これでイラクが
民主化すると誇っていた。


だが、あれから10年、
イスラム教スンニ派とシーア派の
抗争は激化し、
一般人を巻き込むテロや暗殺は
今も続いている。


「テロとの戦い」だったはずが、
アルカイダ分子も入り込んで、
イラクはテロの温床になってしまった。


アメリカは軍事費が膨張し過ぎて、
「テロとの戦い」にも飽きてしまい、
イラクから撤退した。


あとは野と成れ、山と成れだ。


このイラク戦争の総括をしないままで、
自民党は憲法改正に突き進む。


「自衛権の行使」の解釈次第では、
日本はアメリカと共に
侵略戦争に突入していくことにもなろう。


これは反戦平和・現行憲法の護持
を唱える勢力の理論として、
否定できない部分である。

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ