ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.4.19 01:40よしりん先生の登場

自民党の憲法改正草案はアホである。

よしりん先生の
登場です!

・・・・・




昨日、配信した
『小林よしのりライジング』で論じたが、
自民党が企む「憲法
96条改正」
「硬性憲法」の改正ハードルを
徹底的に下げて、
立憲主義を崩壊させる
無茶苦茶なものである。


自民党の憲法改正草案を読むと、
自称保守論壇の俗説が
そのまま反映されている
馬鹿馬鹿しさに笑ってしまう。


曰く「日本の憲法改正のハードルは、
   世界的に見て高すぎる」

曰く「日本の憲法は、
   国民の権利ばかり書いてあって、
   義務が書かれていない」

曰く「西欧の天賦人権説に基づいた
   基本的人権は間違いである」

曰く「天皇は象徴だけでは物足りないから、
   元首であることを銘記すべきである」

曰く「国旗国歌を銘記すべきである」


自称保守論壇では
当たり前のように流通している俗説を、
そのまま憲法に反映させ、
挙句の果ては道徳まで
憲法に書いてしまう
馬鹿さ加減にめまいがする。


近代憲法は
そもそもが設計主義であり、
日本の伝統的な
ルール感覚とは整合できない。


近代憲法は
天賦人権説をフィクションとして
仮定することから作ったはずである。


護憲派も改憲派も、日本人ほど
近代憲法に執着している例も、
世界では珍しいだろう。


大概、解釈改憲でやりすごしている。


日本の自称保守のように、
憲法さえ変えれば
「戦後レジーム」から脱却できて、
理想国家が作れると
妄信していること自体が、
完全なるカルトである。


しかし政治家だって
落選すればただの人なのに、
よくここまで
「権力が国民を縛る憲法」
を作ろうとするもんだな。


よっぽど国家権力を
信用してるんだろう。


「表現の自由」だけでも
現行憲法の規定を守らなければ、
将来わしの言論も危ないな。


来年は『憲法論』を漫画で描いて、
人々に気付かせるしかないかも。

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ