ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2013.5.9 02:21AKB48

AKB48 総選挙で恋愛禁止は崩れるのか?

よしりん先生の
登場です
絵文字:星



AKB48総選挙に立候補した
卒業メンバーの政見放送を見たら、
小原春香 という子が気に入った。

卒業しても
恋愛禁止条例」を
守り続けていると、
公言しているからだ。

恋愛フリーでは、
アイドルは成り立たない。

「アイドル」と、
「歌手」「ミュージシャン」
「女優」は全然違う。

だが、AKBメンバーが
恋愛スキャンダルを起こしたら、
即、完全アウトと考えるのは、
了見が狭すぎる。

恋愛スキャンダルを起こしても、
目を瞑ることができる条件は、
」と「圧倒的な実力」だ。

菊地あやか
「禊」の立派さと、
AKB愛を証明して、
逆に好きになった。

指原莉乃
「禊」を済ませ、
「圧倒的実力」を示した。

峯岸みなみ
不器用な「禊」で、
AKB愛を証明して、
これから実力を
見せつけねばならない。

これはわしが勝手に決めた
条件ではない。

AKBのファンを観察してると、
そういう不文律が
働いてるということだ。

今回の総選挙は、
そもそも「ガチ」ではなくなった。

「お祭り」になったから、
恋愛禁止条例は消滅してるし、
主婦でも立候補できる。

「お祭り」なら、
キンタロー。 だって
立候補しても良かった。

小原春香 の政見放送で、
ひとつ気になったのは、
ど新規」という言葉を
使っていることだ。

わしは3年前からAKBファンだが、
それでも古参ヲタから見れば、
「ど新規」となる。

だが、もう3年前に比べても、
AKBのファンの規模は
度外れて膨張している。

「ど新規ファン」の
一人一票の力を侮ったら、
選抜どころか、
圏内にも入れない。

今度の総選挙は、
その「ど新規」の審判が
冷酷に下されるだろう。

 

みなぼん

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ