ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.6.8 04:18よしりん先生の登場

ネトウヨを見てみぬふりは正しいか?

よしりん先生の
登場です!!

・・・・・




AKB48総選挙を
盛り上げる番組に
次々に出演していたが、
ようやく今日で終わる。


来週からは『大東亜論』の
コンテに集中しなければ、
もう間に合わない。


明日は「ゴー宣道場」なので、
今日の野外コンサートと
総選挙で体調を崩さないように
注意しなければならない。

 

明日の道場の生中継は、
ネトウヨが妨害しに
来る可能性大だ。


ネットで見る良心的な人々は、
応戦してほしい。


わしは、
ネトウヨ排外主義に対する
どうせバカなんだから
放っておいた方がいい

という大人の対応に
疑問を持っている。


オウム真理教の台頭のときも、
世の大人たちはそういう態度だった。


知識人は、
オウムに対して目くじら立てて
バッシングしてはいけない、
子供の宗教のようなもので、
むしろ世間に染まらぬ純粋性があって、
これこそ宗教だ

なんて言っていた。


マスコミ関係者は、
オウムはすぐ抗議してくるし、
面倒だから触れない方がいい

と言いながら、見てみぬふりの態度だった。

 

被害者意識をアイデンティティーにした
疑似共同体は、日常に回収するのが困難である。


オウムとネトウヨの差は、
オウム信者は秀才だったが、
ネトウヨどもは馬鹿であるということだ。


頭の悪さが度外れている。


オウムとネトウヨの共通点は、
ユーモアがわからない、
ギャグや洒落が
理解できないという性質だ。


これは、現在の自称保守論壇にも
似ているところがある。

 

自称保守論壇も、ネトウヨも、
天下国家からAKB48まで」を、
真面目に、かつユーモアを交えて語る、
小林よしのりが理解できない。


むしろ自分たちが、
サブカル的俗説に縛られ、
万世一系の、男系のみ!のみ!のみ!
なんて、ノミの頭脳で繰り返してるのだから、
やはり自称保守&ネトウヨ
一括りにしなければしょうがない連中なのだ。


ネトウヨを駆除するには
「偏見」と「差別」しか
ないのではないか?


あえて、明日の
「ゴー宣道場」のために、
提案しておく。



明日の第36回ゴー宣道場
『ネットと排外主義を考察しよう』
ニコニコ生放送は
13時より14時半までの予定です!
http://live.nicovideo.jp/gate/lv140250983

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ