ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.6.19 10:18よしりん先生の登場

花魁は性奴隷か?

よしりん先生の
登場です!!

・・・・・




橋下徹は
慰安婦問題について、
雑駁な情報の羅列で
乱暴に語るから、
誤解だらけになっていく。


議論の整理が面倒になるから、
五月蠅いとしか言いようがない。

相手にしない方がいいだろう。

 

自称保守派も、
国内だけでしか通用しない
周回遅れの主張を続けて
事足れりとしているのだから、
阿呆である。

 

安倍晋三は、
慰安婦問題は
アメリカ様の虎の尾を
踏むと恐れて、
だんまりを決め込んだ。

 

安倍政権の稲田朋美が、
橋下発言に関連して
慰安婦制度は
女性の人権に対する
大変な侵害だ

と批判したが、
産経新聞も社説で
女性の尊厳損ね許されぬ
と批判した。


フェミニズムの言論人も
女性の尊厳を傷つける
と批判している。


重要なことは、この
女性の尊厳を傷つける
という表現こそが、
河野談話」の
主旨であることだ。


河野談話」を踏襲した発言を、
安倍政権はしているということに、
自称保守たちは気づいてない。


まったく滑稽なのだ。

 

慰安婦問題が
大論争になったのは、
もう17年前のことだ。


『小林よしのりライジング』の
読者には20歳代もいる。


わしは慰安婦問題を、
さらに深く論じていくが、
若者にも国際的な感覚で
わかるように説明していこう。


配信中の『小林よしのりライジング』では、
「『花魁』も『性奴隷』だったのか?」
と題して、慰安婦に繋がる
公娼制度の時代背景を説明した。


これを読んだ者たちは、
女性の尊厳を傷つける」という
言葉の薄っぺらさに
気付いてくれるだろう。



http://ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar264533

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ