ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2013.7.9 09:08

出色の『祖国と青年』「ご結婚20年」特集

日本協議会・日本青年協議会の機関誌『祖国と青年』7月号は
「皇太子同妃両殿下ご結婚20年」の特集を組んでいる。

その内容は、

1、両殿下の「ご感想」。

2、両殿下の御歌。

3、鈴木由充編集長「皇太子同妃両殿下20年の歩みを振り返って」

の3本。

鈴木氏の文章は、両殿下への敬慕の念に溢れ、
しかも見落とされがちな大切な事実に光を当て、素晴らしい。

締めくくりの部分だけ引用させて戴く。

「皇太子同妃両殿下は、両陛下、そして歴代天皇が示してこられた
『あり方』を鑑とされ、これからも私たち国民と共に、
様々な困難を乗り越え、新しい時代を拓いていかれることだろう。
妃殿下の1日も早いご回復をお祈り申し上げるとともに、
次代の皇室を担われる両殿下をお支えすべく、
私たちも国民として微力を尽くす決意を新たにしたい」

皇室に「求めて」ばかりで、国民としての「慎み」と「務め」
を忘れている凡百の俗論とは、明らかに異なる。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ