ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2013.8.7 14:51

終戦記念日の靖国参拝見送りを中国に報告する愚かさ

安倍首相は今年の終戦記念日に靖国神社に参拝しないことを決め、
それをわざわざ中国に報告したという。

終戦記念日に参拝しなくても、それはそれで良い。

もともと歴代の首相は、春秋の例大祭のに合わせて参拝して来た。

だから本来なら、4月の春の例大祭の時に参拝すべきだった。

だが、それを見送っても、秋の例大祭にきちんと参拝するなら、
それで良い。

しかし、終戦記念日の参拝見送りを何故、
わざわざ中国に報告する必要があるのか。

そんな必要はさらさらないどころか、むしろそれは、
絶対にやってはならないことだ。

言うまでもなく、首相の靖国神社参拝は、
国難に殉じた英霊に対する国政の最高責任者の「神聖な義務」
として行うもの。

したがって一切、他国の干渉を許さない、
尊厳かつ不可侵の領域に属する。

にも拘らず、こちらから靖国神社に参拝するとかしないということを、
わざわざ他国に報告するとは。

何たる卑屈さか。

「聖域」に自分から他者の土足を踏み入れさせたに等しい。

どこまで中国の顔色を伺えば気が済むのか。

安倍首相は中国の機嫌を取り結びつつ、
その“公認(または黙認)”を得て靖国神社に参拝するつもりなのか。

そんな参拝を、祖国の独立と栄光の為に尊い一命を捧げられた
英霊たちが、僅かでも喜ぶと考えているのだろうか。

だが、参拝見送りまで逐一、中国に報告するようでは今後、
参拝を行う覚悟があるとは到底、思えない。

こんな無様なことをしてしまった以上、もし参拝しても、
それは予め中国の“了解”を得て行った、
と見られるのを避けられないだろう。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ