ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.8.9 01:50よしりん先生の登場

宮崎駿『風立ちぬ』のゼロ戦は悪か?

よしりん先生の
登場です!

・・・・・




宮崎駿『風立ちぬ』の評論を、
宇野常寛が「ダ・ヴィンチ」に
書いてるというから読んでみた。


なんだこりゃ? 
韓国の批判と
同じじゃないか!


ゼロ戦がなんで悪なんだ?


わしは小学生の頃に
プラモデルまで作るほど
ゼロ戦が好きだったし、
戦時中の誇るべき
日本の技術だと
ずっと思ってきたぞ!


戦時中に高性能の飛行機を作れば、
戦闘機になるのは当たり前のことだ。


藤田嗣治の戦争画を
全否定した戦後の左翼文化人と
まったく同じ感性で、
宇野は『風立ちぬ』を批判している。


それは韓国の批判とそっくりだ。


「日本の戦前・戦中=悪」、
いまだにこういう古くさい
サヨクな感覚を持ってるのって
団塊の世代?   


宮崎駿に
マチズモなんかあるのか?


あっても石原慎太郎や
自称保守派みたいな
空威張りではないだろう。


大多数の男に備わってる程度の
父権に過ぎないと思うぞ。


少女を描くのは、
女性性への依存であり、
差別なのか?


宇野の夫婦間は、
宇野は妻に依存せず、
妻も宇野に依存してないのか?


何から何までさっぱりわからん。


これじゃわしの
『戦争論』を
理解できるわけないよ。


だって左翼だもん。


左翼はマルクス主義
だけじゃないんだぞ。


アメリカニズム的
資本主義も左翼なんだぞ。


宇野にこれ言ってもわからんか。


だから宇野って、
AKB48も資本主義の原理で
出てくるメニューを
全肯定できるんだよな。


少女に対する感覚も、
神聖視への願望がないから、
恋愛禁止ルールなんか
どうでもいいのだろう。


宮崎駿の少女に対する眼差しは、
多分わしと近いと思う。


本人は嫌がるだろうがな。


だがわしは
宮崎アニメを
熱心に見ていない。


今度、見てみなきゃ
いけないな。

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ