ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.8.15 11:05新刊情報

『女性天皇の時代』感想が届き始めました!

本日、8月15日の朝日新聞に
『女性天皇の時代』
の広告が載りました!

『戦争論』が出て15年も経つ
2013年の8月15日に、
未だに元日本兵の「ザンゲ屋」の
悪行告白を、裏付けもないまま
垂れ流す記事を載せるという、
進歩主義者のはずなのに
1ミリの進歩も見せない朝日新聞ですが、
その紙面に、よしりん先生の本の
広告が載っているというのも
ちょっと愉快でした。

読者の方々からの
感想も届き始めましたので、
随時ご紹介していきたいと思います。

まず今日は、
「小林よしのりライジング」
のコメント欄にいただいた感想から!


【女性天皇の時代】の感想
灼熱の炎天下の中、本屋さん6軒目で
やっと手に入れた本なのに、
休憩なしで、一気に全て読み切ってしまいました。
面白かったです! 夢中になって読みました!
まず、文章がとても読みやすかったです。
まるで子供に向けて語りかけて下さっているようで
精神年齢が子供の私にとっては
大変有り難かったです ^^
次に、女性天皇が日本の歴史に残した偉業の数々を、
物語を読むように楽しみながら学ぶことができました。
私は活字から知識を吸収することが
苦手なので、得した気分です♪
そして、現在の皇位継承問題について、
日本人が取るべき道を、そしてその根拠を、
この本が示してくれたように感じました。
「男尊女卑が日本のアイデンティティでは無い」
という確信を得ることができました。
男系固執主義者。
中でも「現代の和気清麻呂」を自認する人々。
もうその時点で、その論理が破綻していることは
【女性天皇の時代】を読めば明らかです。
私とて「男を尊び女を卑しむ慣習が脳髄を支配していた男」
だったので、あまり偉そうなことは言いたくないし、
また言う資格もないのですが・・・
さりとて、日本の国体の未来を決する闘いが
そこにあるのならば、傍観者になるわけにもいかない。
私自身は、政治家でもなければ知識人でもない。
ゴー宣道場の門弟でもなければ道場生でもない。
だけど、日本人として、一緒に闘いたいと思いました。


嬉しい感想です。
ありがとうございます!

引き続きご感想
お待ちしています!!


女性天皇の時代 (ベスト新書)

小林 よしのり
トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ