ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.8.23 04:22よしりん先生の登場

作家の業とマチズモは違う

よしりん先生の
登場です!!

・・・・・




わしは宮崎駿の100分の1
才能もない漫画家だろうが、
『東大一直線』
『おぼっちゃまくん』
『ゴーマニズム宣言』
シリーズを合わせると、
単行本で2000万部以上は
出ているだろう。


他の漫画や活字本まで合わせれば
もっといくかもしれないが、
漫画本としては大した部数ではない。


まだ大きなヒット作を
出せるはずだと思っている。


全然満足してないのだ。


60
歳になったら煩悩が減った分、
さらに創作活動への
意欲と集中力が高まって、
もう時間がないかもしれない
という焦りがあるので、
死期が迫った母の見舞いすら億劫になる。

 

だが現在、母が手術を拒否して、
「もう死んでもいい」と言ってるらしいから、
それが「覚悟」か「拗ねてる」のかを
確認するために帰らなければならない。


結局、母も妹も親戚も、
誰もモノを創り出す人間の
「業」をわかろうとしなかった。


家族を守れなくて、
愛国心なんか言ってるのはおかしい

と妹が言ってるらしい。


安易な批判だが、面白いからいずれ
『家族論』を描き下ろして、答えてやる。


自民党の憲法草案の薄っぺらさに
気付かせるためにも
「国」と「家族」の関係を
描いておく必要がある。

 

そもそもわしは両親から
家も土地もおまえには渡さない。
全部、妹に相続する
」と宣言され、
勘当されて漫画を描き続けた人間なのだ。


わしは家督を継いだ長男ではない。

ただ戸籍上の長男であるだけだ。


そのことを恨みに思わず、
親から謝罪された記憶もなく、
逆にわしがそのことを感謝して
親孝行してきたのに、
「見舞いに行かない」という一点のみで、
よく家族を守らないなんて言えたものだ。

 

センチメンタリズムより
創作意欲を優先したい
と思うのは、作家の「業」だ。


作家の「業」と「マチズモ」は違う。


女だって創作や芸能の「業」を
背負った者はいるだろう。


わしのそばで、わしを見ている
妻や秘書は、わしのマチズモに従う
犠牲者だと思っているだろうか?


この話題を、
わしは妻とも、秘書とも
笑いながらしている。

トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ