ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.8.27 23:00よしりん先生の登場

こんな『風立ちぬ』好き?

よしりん先生の
登場です!!

・・・・・




毎日新聞821日東京夕刊の
記事で、『風立ちぬ』を
宇野常寛だけでなく、
東浩紀中森明夫藤原帰一も、
サヨク知識人はほとんど評価してない
ということを知って、軽く衝撃を受けた。


こうもわかりやすい
サヨク式の反応が
続出するとは!


『風立ちぬ』という映画は、
ちゃんと反戦的な気分は
描かれてると思ったのに、
それでも主人公が
葛藤してないから
共感できないと言う。


彼らにとって、
ゼロ戦を作るということは、
絶対的悪であり、
苦悩・逡巡・葛藤を
伴わなければならない
忌まわしい行為らしい。


恐るべき自虐史観だ!


わしに言わせれば、
主人公がゼロ戦を作る苦悩を
饒舌に説明したりしていたら、
クソ映画になったに違いない。


世間からは右翼とか保守とか
思われてるわしが、
反戦メッセージもさりげなく
入っているあの映画を評価してるのに、
サヨク知識人にとっては
それでも足らないと言う。


多分、主人公が
こう言えば良かったのだろう。

 

「ゼロ戦なんか
 作りたくないんじゃあああ。」


「でも飛行機が好きだから
 仕方がないんじゃあああ。」


「でもこれってしょせん
 人殺しの武器じゃろがあああ。」


「何やってるんだ俺はあああ。」


「でも作っちゃうのよね、
 好きだからあああ。」


「地獄に落ちても
 仕方がねえっすううう。」


「特攻隊のみなさん、
 ごめんなちゃいいい。」


「作らなければ良かった、
 作らなければ良かったあああ。」


「戦争には使えない
 平和な飛行機を作ればよかったあああ。」


「でもどこの会社がそんなもの
 作らせてくれるのおおお。」


「戦闘機を作るしか
 なかったのよおおお。」


「いっそ自分の才能を放棄すれば
 良かったのかしらあああ。」


「ゼロ戦作るくらいなら、
 おのれの才能を封じる
 べきだったのかなあああ。」


「平和な時代に
 生まれてくれば良かったあああ。」


「たまたま戦争の時代に生まれたから、
 戦後のサヨクから白い目で見られるううう。」


「悪人扱いかよおおお。」


「ふざけるんじゃねえぜえええ。」

 
 こんな『風立ちぬ』好き?

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ