ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2013.9.11 14:10

ご立派だった高円宮妃殿下のスピーチ

ブエノスアイレスでの高円宮妃久子殿下のスピーチは素晴らしかった。

まず、品格溢れるご態度そのもので、
我が国の皇室の高雅さを世界にお示しになった。

またスピーチの中では、五輪招致については見事に一切、
お触れにならなかった。

他国の王室はいざ知らず、
日本の皇室はそうした「綱引き」の現場にまで降りていくような
存在ではないことを、鮮明にされたのだ。

日本政府は五輪招致をアベノミクスの切り札と考え、
消費増税の前提となる経済指標を上向かせようと、
背に腹は替えられぬとばかり、手段を選ばない挙に出た。

皇室の政治利用との批判を覚悟で、
高円宮妃殿下のご出馬を迫ったのだ。

これに対し、妃殿下は日本サッカー協会の名誉総裁として、
現地のサッカー関係者のお招きに応じてサッカー関連の行事に
お出ましになり、その「ついでに」IOC総会にも立ち寄るという形で、
ご出席になったようだ。

しかもスピーチでは、
フランス語で心を込めて各国の被災地支援へのお礼を述べられた後、
英語に切り替えられた冒頭、
自分がこのような場にいることを参加の皆さんも驚いているでしょうし、
私自身も同じように驚いているとハッキリおっしゃった。

これは、皇族として許されるギリギリの表現ながら、
明らかに皇族がこうした場所にいることに対する
「違和感」を、柔らかくかつ率直に表明されたものだ。

更に言えば、今回の政府のやり方に対し、
上品に釘を刺された格好だ。

妃殿下のエレガントな微笑みばかりが印象に残って、
この事は一般にほとんど気づかれていないようだ。

しかし関係者には、妃殿下のご表情が穏やかであればあるほど、
より一層、厳しいクレームとして、受けとめられたに違いない。

妃殿下のクレームは当然、
ご自身のお考えのストレートなご発露であると同時に、
陛下のご懸念を深く配慮されてのことだったはずだ。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ