ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.9.14 02:33よしりん先生の登場

五輪招致ナショナリズムに見る「私」と「公」

よしりん先生の
登場です!

・・・・・




五輪招致ナショナリズムに見る
「私」と「公」を述べる。

 

オリンピックの東京招致に対する
国民の反応について言っておく。


これをスポーツ関係者や
子供・若者が喜ぶのは、
本来素直な感覚である。


それは「私」的な感覚であり、
同時に素朴なナショナリズムであり、
7年先に目標が出来たような気がして、
活力が出るというのなら、
「公」にも繋がるかもしれない。


わしの「私」的感覚としては、
マスコミがオリンピック一色に
染まると退屈だし、都内の交通渋滞や、
ホテルの利用も出来なくなると考えると、
煩わしくて、五輪開催期間中は
東京を脱出したいくらいだ。


だが、あくまでも
「公」的に考えておく
必要もある。

 

安倍自民党が、五輪招致が
経済成長の起爆剤だと言うのなら、
「ちょっと待て」と
「公論」を発揮するしかなくなる。


オリンピックの経済効果が
極めて限定的なものだ
ということは、もう常識である。


ソウル、アテネ、北京、ロンドンなどの
開催地は、その後どうなった?


そもそも1964年の
東京五輪の翌年から
40年不況に突入したことも、
長野五輪で大赤字が出たことも、
もうわかっている。


知っている大人としては
「公論」を発するしかない。


オリンピックの
経済効果については、
来週火曜配信の
『小林よしのりライジング』
で詳細に述べよう。

 

さらに安倍晋三の
「汚染水完全コントロール」発言
のような卑劣な「ウソ」を許すのは
「公」的な態度ではない。


被災地の復興を真剣に考えているなら、
安倍自民党の「五輪のための被災地復興
という転倒した考えは、
十分警戒しておくのが「公」的な態度である。


しょせん「祭り」の心理的構造は
不安の忘却であり、
カタルシスであり、蕩尽である。


経済活動の東京一極集中は、
地方の疲弊と被災地復興の
遅れをもたらすだけだろう。

 

オリンピックとは「国」のため、
「公」のためのイベントではない。


IOC
と協賛企業が儲けるために、
「都市」が催すイベントである。


それは極めて「私」的なイベントであり、
商店街が「オリンピック」の名目で
商売することも許されないほど、
協賛企業の独占物なのだ。


そのような利権まみれの
「私」的な商売に、
皇室を利用することは
許されない!

皇室の権威の失墜に
繋がる暴挙である。


皇室は世界中の人々の幸福を
「公平」に祈る存在であって、
ヨーロッパの王室とは全く違うということを、
日本国民も、政治家もわかっていないのだ。


わしの

ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論
(小学館)
を読んで、勉強しろ!

ナショナリズムは
どんな現われ方をしても
正しいのではない。


尖閣諸島をカネで買おうという
ナショナリズムで集まった寄付金はどうなった?


「寄付金ナショナリズム」は
中国との一触即発の
「開戦前夜」をもたらしただけだった。


在日朝鮮人に対するヘイトスピーチは、
日本人の品位を汚す醜悪なナショナリズムである。


ナショナリズムは、必要な場合もあるし、
醜悪な場合もあるし、危険な場合もある。


五輪招致ナショナリズムにも、
落とし穴がある。


そもそもオリンピックは
国家ビジョンにはなり得ない。


五輪招致を絶対善にするのは
「私」に埋没した怠慢である。


それが「国柄」の危機に
繋がるのなら、
警鐘を鳴らすのが「公」なのだ。


株をやってる者や、ゼネコン関係者が
「私利私欲」で喜ぶのは当然だろう。


子供がマスコミに洗脳されるのも仕方がないが、
それにしてもこの国には大人が少なくなったものだ。

トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ