ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.10.6 06:57よしりん先生の登場

『AKB48論』の感想 巫女と聖性

よしりん先生の
登場です!!

・・・・・



AKB48論』
に対する感想がようやく
『小林よしのりライジング』の
コメント欄に寄せられている。
面白いのがあったので紹介したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


AKB
を形成する上で欠かせない
恋愛禁止ルールについてですが、
僕は巫女みたいだと思っています。

日本は性の意識がおおらかではありますが、
神に近づくためには禁欲が必要だと言うことでしょう。
それをかんがえると、今日本で皇族方以外で
聖性を持っているのはAKBかもしれません。

そして、AKBファンである僕は
その聖性に屈服したいと考えています。
彼女たちに魅了され、圧倒されたい!

けど、それを公言したらロリコンと言われる…。

北原みのりがその代表みたいですが、
彼女の心情は分かる気がします。
自分のように成熟した女がいるのに、
たかが小娘にうつつを抜かすな!
そう言いたいのでしょう。

しかし、彼女は成熟した女ではありません。
単に自分がモテないだけなのを
ロリコンのせいにしてるだけ。
自己顕示欲だけはある幼稚な女ですね。
バブルの頃はチヤホヤされてたでしょうけど。

とはいえ、これが典型的な大衆の反応なのでしょう。
彼らにはちっぽけなプライドしかなくて、
たかが小娘を侮辱する。
そのくせ、そのたかが小娘が売れていくのが
面白くなくて、憎み、叩こうとする。
彼らは彼女たちを常に自分の下に置きたいのです。

しかし、当の彼女たちは
大衆の下に置かれる器ではなくて、
咲良たんの感受性、たかみな、珠理奈、
マリコ様の覚悟、みるきーの神対応、まゆゆの慈愛、
優子の魔性など彼女たちの魅力は
凡人のそれを遥かに超越しています。

僕は大衆に言いたい。
凡人は彼女たちに絶対かなわない。
だから、敗北は認めるべきだ。
そこから目をそらしてもカッコ悪いだけだと。

そして…

ぱるるの塩対応を受けた濱野氏、うらやましいですね。
気を許されている感じがメチャクチャ出てます。

みるきーの人懐っこい笑顔、
漫画上の彼女に釣られそうです。

まゆゆの慈愛の笑顔、美しすぎます。

優子の魔性、凄みがあってゾクッとしました。

漫画上から彼女たちの魅力が
充分すぎるほど伝わってきて、
メンバーが読んだら嬉しいだろうなと思います。
先生が愛情を込めて描いていることが
こちらにも伝わってきて、
こっちまで幸せな気分になりました。

                   (daiさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


冒頭の分析、見事です!

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ