ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.10.9 05:30よしりん先生の登場

『AKB48論』の感想 その2

よしりん先生の
登場です!

・・・・・




またAKB48論』
愛読者カードが返ってきたので、
いくつか紹介しよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AKB48を「公的に」論じられ、感謝の思いです。
150p2コマ目の「ばれとるわい!」がとても気に入りました。
もちろん王道を歩む大島優子、渡辺麻友も
自身を同化させたいくらいの気持ちにさせられました。

(茨城県・高齢者介護・37歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


仕事でフラフラになっているのに、『
AKB48論』を見て
元気になりました。
2回、繰り返し読みました。
一部のヲタの人には何も罪はないが、
親の問題なのか社会の問題なのか。
この本は普段
AKBにも小林先生の作品にも
興味を示さなかった人も「面白い!」と言って
読んでいました。新たな社会現象に
なるのではないでしょうか。

(神奈川県・会社員・40歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私は
AKB劇場へも握手会へもはづかしくて行けない
52歳のAKBヲタです。お店にAKBのメンバーの生写真を
買いに行くのもはづかしいです。
小林先生のように
AKBのメンバーと親しく会うことの
できる人はとてもうらやましいです。
奥さんがいてもデートする彼女がいても小林先生は
りっぱな
AKBヲタだと思います。
また私のようなどうしようもないヲタが
AKBを支えているのも事実だと思います。
それから、さしこのことをあまり悪く思はないでね。

(埼玉県・公務員・52歳)

(わしから一言)心に沁みる感想をありがとう。
わしがメンバーに会えるのは、マスコミ関係者と同じく、
広報の役割もあるからだと思います。
それから、わしが、何か所、さしこのことを
取り上げているか、数えてください。
全然取り上げてないメンバーに申し訳ないくらいです。
さしこがわしにとって無視できない存在だ
ということを理解してください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先生はじめまして。「いろはにほう作」から見ています。
自分が
AKBに嵌ったのは初レコード大賞後の「金スマ」でした。
自らチラシを配っても、お客が集まらなかった駆け出し時期の
話にグッとつかまれて以来です。
とにかくメンバーには幸せになってほしいと願っている
日々なので、先生の
AKB支援をこれからも期待してます。

(東京都・契約社員・37歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まゆゆが菩薩だとすれば、アンチに怒り、
メンバーを叱咤激励するよしりんは不動明王
といったところではないでしょうか?

(秋田県・会社員・48歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつも
AKBINGO!やユーチューブなどで拝見させて
いただいています。
AKBについて熱く語る小林さんは、
素晴らしいと思いました。小林さんの一推しのみおりんは、
妖精のようで、かわいくて、おもしろくて、私も好きです。
私の神推しはチーム
Kの小林香菜ちゃんなので、
ぜひ注目してあげてください。

(栃木県・小学生・12歳・女)

(わしから一言)わかった。小林香菜ちゃん、
これからもっと注意して見るよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


小林さんの真情あふれるアイドル論、楽しく読みました。
私も
AKBのファンになることに抵抗はしたが、
「カチューシャ」のメローな雰囲気に魅せられ、
BeginnerRiverに酔いました。
今は乃木坂の高山さんの裏返った声が気に入っています。
残念ながら良いイメージでなかった秋元氏に脱帽です。

(仙台市・無職・63歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


AKB48論』とても楽しく読ませて頂きました。
36p1コマ目、このNHKの番組を見たとき、
彼女たちをバッシングするなんて全く無意味だと思いました。
ぜひ一度、劇場へ行って、ナマの彼女たちの
パフォーマンスを見てみたいと思います。
私は宝塚ファンなのでナマの舞台のすごさはわかります。
AKB48から現代を考える」というテーマで
「ゴー宣道場」を開催されたら、参加してみたいです。

(長野県・会社員・35歳・女)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


目次前の、よしりんの大島優子・渡辺麻友への優しさと
ユーモアに思わず笑ってしまいました。
第二章の咲良ちゃんの文章と子供たちの踊り出す絵を見て、
思わず涙が出てきました。被災地では子供たちは無理やり
大人にならざるを得ない状況で、様々なことを我慢しています。
そのことを一時ですが解放し、希望を持たせ、
笑顔にできる
AKBは本当に凄いと思いますし、
そのことを漫画で分かり易く描けるよしりんはさすがです。
「偽善者と思われても、何もやらないよりはいい」
の言葉はとても重く、自分もまた要請があれば
いつでも行こうと思います。

(埼玉県・地方公務員・40歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先生に感化され、
AKBに嵌ってしまいました。
2章のチャリティー活動に歓喜する子供たちのコマを
読み涙が出ました。
10章のストイックについては、自分が普段
ストイックからは離れた心構えでいるからか、
ズシンと胸に響くものがありました。
13章は目を皿のようにして、じっくり読みました。
自分もみるきーに釣っていただきたいと思いました。

(神奈川県・介護職・28歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


毎回一生懸命に先生の作品を楽しませていただいています。
人間不信で、女性恐怖症で、アイドル・アレルギーの私が、
なぜか違和感を感じなかったのが
AKBです。
その理由を
117pの右上のコマがすべてを語ってくれています。
マジだけではうまく生きていけないのは私も社会人なので
嫌というほど毎日感じていますが、アイドルの世界だけは
マジであってほしいです。

(四日市市・会社員・36歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ