ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.11.3 03:06ゴー宣道場

天皇陛下には直訴ではなく、お詫びをすべきだ!

山本太郎氏の「直訴」について、
ゴー宣道場門弟メーリングリストや
小林よしのりライジングコメント欄では、
活発な議論が続いています。

もちろん、マスコミやネット内に
はびこる紋切りバカ意見とは、
全く次元を異にしています。

今日は門弟の意見を
ご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が読んだブログには、
山本氏の行動を政治利用だの、失礼だの、過激だの、
セキュリティがぁだの、よくやってくれた!だの、
色々な意見がありました。
ただ、天皇陛下のお気持ちを拝察しようとする意見は
見当たりませんでした(といっても10個位の
ブログしか読んでないんですけど(・・;))。

なにより畏れ多いからなのでしょうが、
多分そのようなブログが少ないのは、
直感できないのが理由だと思います。
私も直感できる訳ではもちろんありません。
でも、ひょっとして滑稽に見えてしまったのかなぁ
とは思いました。ご自身ができることは、
今までもこれからも既に全身全霊で取り組まれており、
その中心は国民の安寧を祈ることであり、
福島の惨状に誰よりも心を傷めて
おられるはずだからです。

改めて国民から、分かってください!
助けてください!的な情熱を向けられてしまうのは、
お門違いの気がしてしまいました。
山本氏の気持ちと言うか、切羽詰った感はわかりますし、
極限的な状況が生じると、国会議員の直訴にせよ、
民衆がどんどん寄り集まってしまうにせよ、
日本人が天皇に救いを求めてしまうことが
あるのは学びましたが(´ε`;)

福島の放射能汚染問題は、
天皇陛下にお詫びする事態だと、私は思います。
天皇陛下には、誰よりも、本当に本当に誰よりも、
国民の安寧と、山や海の豊穣を祈って頂いているはずです。
その祈りや願いに全く応えず、あんなことになってしまって
申し訳ございません。それどころか、今現在はもちろん、
これからもっと酷くなる方向に政策は
進んでしまっておりますと(>_<)

直訴するにせよ、その様な事実の報告と反省を
お伝えする方が、まだマシな気がしました。
山が荒れ、海が汚れ、コメの収穫もできず、
土地を追われた国民を無視し、国土に歴史上
かつて無いだろう大きな欠落部分を
生じさせてしまったのですから。

繰り返しますが、万一、福島県民や国民を代表して、
天皇に直訴するなら、陛下に訴えるべきは、
東京五輪だの金儲けで騒ぐか、どうせどうにもならないと
白けて空想に耽けてばかりいる、大多数の国民の
不甲斐なさをお詫びすることだったのかなぁ
と思います(それは「直訴」と呼ばないかもしれませんが。)。

さらに、自分が山本氏の様な立場だったら
どうしただろうか考えると、国民としてお詫びしたのだと主張し、
そのお詫びの内容(天皇と国土、国土と国民、
国民と天皇の有り難すぎる関係を蔑ろにしている
ことへの反省の弁)を利用して、安倍政権の政策を批判したり、
政権に有利な世論を誘導するマスコミを批判したり、
そんな権力者達への反抗を諦めきっている国民を
鼓舞するような演説をしたりすると思います。

以上、不敬にも山本氏の動機には腹は立たず、不遜にも
天皇に対する理解を深めてくれたらなくらいに思ってしまった
と言うのが、私の今の感想です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

尊皇気取りの自称保守、ネトウヨの
誰か一人でも、
「陛下にお詫びしなければ」
という発想を持った人がいるでしょうか?

まずは『天皇論』を読んで
出直してこいと言いたいですね。


明後日・11月5日配信の
「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』では、
もちろん山本太郎「直訴」について、
誰もしていない考察を発表します!

そして
次回の「ゴー宣道場」にも
大注目です!!


第39回ゴー宣道場
「政治権力と天皇」

平成25年12月1日(日)午後1時 から
『人事労務会館』 にて開催します。

「人事労務会館」
(住所:東京都品川区大崎2-4-3 )は、
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線
『大崎駅』 の 北改札口 を出て左へ、
「西口」 側の左階段を降りて、徒歩3分です。

毎回、会場の場所が分からず迷われる方が、多くいらっしゃいます。

人事労務会館のHPにて、場所をよくご確認の上、ご来場下さい絵文字:重要
(HP掲載の、駅から会場までの地図を印刷し、持参されることをオススメします )

詳しくは、 “ こちら ” でどうぞ。

HP上の申し込みフォームからも申し込み可能です絵文字:重要絵文字:パソコン

上 ↑ のHPメニュー「道場参加申し込み」もしくは下 ↓ の申し込みフォームバナー(画像)
クリックして、申し込みページにお進み下さい絵文字:よろしくお願いします
入力必須項目にご記入の上、お申し込み下さい絵文字:重要絵文字:メール

お申し込み後、記入されたメールアドレス宛に「申し込み確認メール」が届きますので、
ご記入内容に間違いがないか、よくご確認下さい。

申し込み〆切後、当選された方にのみ「当選メール」を送らせて頂きます。
当選された方は、道場当日、
その「当選メール」をプリントアウトの上、会場までご持参下さい。

 道場参加申し込みフォーム

引き続き、往復ハガキでの応募も受付けております絵文字:重要絵文字:記念日


入場料は、お一人1000円です。

参加ご希望の方は、

往復はがき に、『第39回参加希望』 と明記、

さらに、


1. 
氏名(同伴者がいる場合はその方の氏名と続柄・関係など)

2. 住所

3. 電話番号
4. 年齢

5. 
職業(学生の方は学校名)
6. 
募集を知った媒体
7. 
応募の理由と道場への期待

返信はがきの宛名には、ご自分の氏名・住所をご記入の上、

152-8799

東京都目黒区目黒本町1-15-16 目黒郵便局・局留め

『ゴー宣道場』代表・小林よしのり、担当・岸端


まで、お送り下さい。

応募〆切平成25年11/20(水)必着です。


当選された方にのみ
当選通知を送らせて頂きます絵文字:記念日
(往復ハガキで応募された方は返信ハガキで、ネットから応募された方は
 当選メールでの通知となります。)

当選通知の送付は、応募〆切後になりますので、しばらくお待ち下さい絵文字:よろしくお願いします

皆様からの多数のご応募、お待ちしております絵文字:重要絵文字:晴れ


トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ