ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.11.15 02:15よしりん先生の登場

『AKB48論』台湾版、進む模様

よしりん先生の
登場です!

・・・・・




AKB48論』(幻冬舎)の
台湾版は話が進んでいる模様だ。


『台湾論』(小学館)のように
中国語に翻訳されたら、
中国でも読まれる可能性がある。


読者カードをいくつか
紹介しておこう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


宮脇咲良さんのググタスの文章を
紹介してくれて有難うございます。
以前、名取市に
5年間住んでいたので、
読んでとても感動しました。
若田部遥さんは
UGN48に入れる
素質があると思います。

(横浜市・会社員・30歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『東大一直線』以来です。
よく観察していると感心しました。
共感できる部分もあり、なかなか面白い読み物でした。

(千葉県・56歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


貴殿の
AKB48への情熱に胸を打たれました。
私が
AKBに興味を持ったのは、「ラブレター」という
ドラマに出演されていた宮澤佐江さんを知り、
そして彼女が
AKBの一員だということを知り、
調べていく内にその魅力にどっぷりの昨今です。
私は「
RESET」「家出の夜」「ハート型ウイルス」
が大好きです。続編期待してます。
私の推しメンはたかみなです。

(三重県・会社員・63歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんにちは。村重推しの二浪生です。
この本を読むまでただ
AKB好きなおっさんとしか
思っていませんでしたが、この本を読んで
よしりん先生のイメージががらっと変わったし、
今の日本社会の批判にかなり共感することがありました。
今の日本人はマジに嵌ったことがないから、
ストイックになれないのではと本当に
いろいろ考えさせられました。
最後に「マジすか」のあっちゃんのセリフは
「マジに生きなきゃ申し訳ないだろ」
ではなかったかと思います。

(佐賀県・学生・19歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『東大一直線』からの読者である。
漫画という表現方法に成し得た
AKB48論である。
絵の絶妙さ、吹き出しの的確さ。
指原莉乃に対しての意見は異なるが、
それゆえに面白かった。
いつまでも
AKBヲタでいてほしい。私も65歳だ。

(九亀市・文筆家・65歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


AKB48論』すごく面白かったです。
よしりん先生を通してしか
AKBをほとんど
知らなかったので、公式
HPを見て
メンバー一人一人の顔を確認してみたのですが、
びっくりするくらい特徴を捉えられています。
私が好きなプロレスに通じるものがあるので、
AKBにも興味がわきます。

(大阪府・29歳)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


AKB48論』は、
メンバーの姿や葛藤から、
スキャンダルやトラブル、
AKBを巡る批判や言説、
消費者としてのヲタの実態、
AKBの社会的な意義、
そしてアイドルとは何かというテーマ、
「推し」や「贔屓」という偏頗心の
意味合いなど、多様な論点を
網羅した本である。


現代に発生した現象としての
AKB48を分析しておくことは、
日本社会の欲望やルール感覚の
変化を押さえておくことになる。


資本主義の複雑な変化から
逃げてはいけないのだ。




トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ