ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2013.11.16 03:40震災・原発問題

東浩紀氏のアイデアをどう考えるか?

よしりん先生の
登場です絵文字:重要



わしが東浩紀氏と対談した動画を見て、
わしの読者がコメント欄に
感想を書いてくれている。

「福島第一原発観光地化計画」
良いアイデアだと思うという意見から、
賛成しないという意見まで。

中には今までの東氏の考え方や
意見をチェックしていた人もいるようで、
厳しい意見も書いている。

わしは若手の知識人の思想を
よく知らないからな。

特にサブカルを利用した評論は
さっぱりわからない。

小林よしのりが東浩紀氏の
アイデアを認めたからといって、
わしの読者が
直ちに認めるわけではない。

みんな自分の考えで
東浩紀という人物を評価している。
それでいいんだ。

わしは
日本が「脱原発」の選択をして、
旧式の高度経済成長や
グローバリズムの幻想から
抜け出さない限り、
日本社会全体が
疲弊していくと思っているから、
政治家に「脱原発」を迫る
世論を作りたいと思う。

小泉純一郎も山本太郎も
その一念を持っているから、
わしは評価する。

資本主義の質を
日本型に転換しなければ、
日本はアメリカと共に
大崩壊に向けて突き進むだけだ。

株価もGDPも
国内の景気や国民の幸福感には
直結しない。

この現状のままでは、とても
「福島第一原発観光地化計画」
のような壮大なプランは
着手できないだろうと思う。

大阪万博は人口増を背景にした
高度経済成長の中で実現できたが、
今は企業が国内に市場を求めないし、
公的活動のための余力も
持ち合わせていない。

わしは脱原発と、
グローバリズムからの
転換の流れの中でしか、
福島の人々の自信を取り戻す
壮大なプランは
実現しないのではないかと考える。

だが、このような壮大なプランを
ぶち上げること自体が、
勇気があることだと思うので、
評価するのだ。

なにしろ東浩紀氏自身が、
大学教授にもなれただろうに
それを蹴って、家族を抱えて、
カネを使って、
こんな馬鹿な事業を起こそうと
奮闘してるのだ。

リスクを抱えて
ロマンを追いかけるのは
立派な事だ。

わしも還暦なんだから、
自分より若い言論人や知識人で、
この国のために奮闘したいと
誠実に考える者たちは
応援したい。

 

みなぼん

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ