ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.11.25 02:07よしりん先生の登場

「炎上タイトル」はもう飽きた

続けてよしりん先生の
登場です!!

・・・・・




「サイゾー」掲載の
わしのインタビュー記事を
見たらタイトルに驚いた。


文春報道が真実ならば、
わしは河西智美を糾弾する!

と書いてある。


はあ?
わしはそんなことは
一言も言ってないぞ!


なんでわしが女の子を
「糾弾」しなければならないの?


社長や運営幹部が、
アイドルに手を出したら、
もちろん芸能界でも
タブーのはずだから、批判はする。


だがそれでも「糾弾」はしない。


批判と糾弾は違う。
糾弾は断固非難し、
追い詰める意味合いになる。


そこまでする意欲はない。


河西智美を「糾弾」
するなんて馬鹿馬鹿しい。

誰がそんなことするか!


やっぱり「炎上商法」である。


わざわざ炎上しそうな
過激なタイトルや
刺激的なリードを使って、
読者の俗情に訴えるのだ。


自称保守系の雑誌も、
なるべく刺激的な
炎上タイトルを列挙して、
新聞広告に載せ、
購買意欲を掻き立てる。


週刊文春や週刊新潮などの
一般週刊誌でも
炎上タイトルはよく使われる。

 

ネットの世界でも、
この炎上タイトル手法は
散々やっている。


わしのブログを引用するときも、
タイトルを変えて、
炎上タイトルにしてしまう。


人の憎悪を掻き立てた方が
読む者が増えるからだ。


人を憎みたいし、敵視したいし、
いじめたいし、バッシングしたいし、
ぐじゃぐじゃのカオスにしたい者が多い。


しかしこの炎上タイトルブームは
いつまで続くのだろうか?

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ