ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.12.4 03:00よしりん先生の登場

公務員は「公」の僕である。

よしりん先生の
登場です!!

・・・・・




産経新聞の「産経抄」を読んで、
その頭の悪さにめまいがした。


従米主義者の岡崎久彦が
特定秘密保護法案
秘密になるのは、
レーダーの性能や
軍艦の甲板の厚さなどであり、
それは外務省の局長でも
手が届かないものだという。


一般の国民や新聞記者がつい入手し、
漏らしてしまうような代物ではないという。


ただ日米同盟のために、
米国の国家機密が
漏れないようにするための
「特定秘密保護法案」だというのだ。


この説明で、産経新聞の記者は、
「ストンと腑に落ちた」のだそうだ。

頭の悪さが度外れている。


反対している国民は
「法案」そのものの
危険性を問題に
しているのである。


「法」は運用する者次第だから、
この法案では、どこまで
拡大解釈されるかわからない
と言ってるのだ。


アメリカ様の国家機密を
守ることだけのために
運用される法律だと、
どこに書いてある?


さらに言うなら、
ベトナム戦争の原因となった
「トンキン湾事件」のように、
アメリカ政府が「秘密」にする
謀略だってある。


イラク戦争の根拠である
大量破壊兵器の存在も、
結局なかったではないか!


アメリカの戦争に巻き込まれる
根拠となる「秘密」が、
いかがわしいものであっても、
公務員がマスコミに漏らしてはならない
とする法律は危険極まりない。


日本をアメリカの戦争に
巻き込むための
特定秘密保護法案」だ
と言っても過言ではない。


公務員は
権力の僕(しもべ)
ではない!


「公」の僕(しもべ)
であるべきなのだ!!

 

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ