ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.12.10 05:22よしりん先生の登場

まだまだ「特定秘密保護法」だぞ!

よしりん先生の
登場です!

・・・・・



朝日新聞に
「特定秘密保護法」について
重大な証言が載っている。

加藤勝信官房長官が
9日のBSフジの番組で、秘密指定は
「政治としての
価値判断が当然出てくる。
国家安全保障上の視点で
時の政権がやっていく」

と説明したというのだ。

第三者機関が秘密の妥当性を
チェックするのは困難

との認識を示したという。

 

そうだろう。やっぱりな。

自民党政権における「秘密指定」と、
民主党政権における「秘密指定」は
当然違う。

いや、自民党政権でも、
タカ派とハト派では
特定する「秘密」が違ってしまう。

過去の例で言うと、
沖縄密約、慰安婦証言、
教科書検定の一発不合格陰謀、
尖閣中国船衝突ビデオ、
イラク戦争の大量破壊兵器の有無、
様々な「秘密」が時の政権によって
恣意的に発生した。

今後はそれらが
「特定秘密」となって、
暴いたら懲役刑になる。

漏らした公務員も、
公表したマスコミも、
懲罰を食らう。

 

本来この問題に
保守も左翼もない!

保守の側だって
反対しなければならないのに、
今の保守は「自称」に過ぎない
馬鹿に墜ち、
「親米ポチ」に過ぎない
権力の犬となり、
単なる安倍真理教の
信者と化している。

多分、「正論」や「Will」の次号では、
この「特定秘密保護法」について、
単なる「反左翼」の大馬鹿記事が埋めつくし、
安倍晋三の擁護運動でのぼせ上り、
信者全開のイカレ言論が展開されるだろう。

 

とにかく今の自称保守論客たちは
堕落の一途を辿っており、
国家に悪影響を及ぼす者しかいない。


「ムラの主張」に一体化してしまう
雑魚を入れ過ぎてるのだ。

小林よしのりライジングVol.65
 「『特定秘密保護法』を
  安倍晋三は読めるのか?」

    でこの問題を徹底解説!!

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ