ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.12.23 22:00よしりん先生の登場

権力に目隠しされたがる変態サル

よしりん先生の
登場です!

・・・・・




週刊文春で宮崎哲弥が
特定秘密保護法」を
擁護しているが、
その論理がデタラメで呆れた。


週刊文春の読者は
こんなレベルで騙されるのだろうか?

シリアへの武力行使をめぐって、
アメリカは日本の支持が欲しくて
「極秘情報」を提供した。


その一方でロシアと折衝を重ね、
結局、武力行使を断念した。


アサド政権非難や軍事介入支持に
傾いていた日本は、はしごを外された。


これが「秘密保護法」が
なかったからだと言うのだ。

 

それなら「秘密保護法」があったら、
アメリカは日本にロシアとの
折衝を教えたのだろうか?


「極秘情報」を渡しても、
「まだ支持を表明しなくてもいいよ」
などとアドバイスしてくれたと言うのか?

 

ここに見えるのは、
日本が必死でアメリカに追従したくて、
与えられた「極秘情報」を丸呑みで信じて、
シリアを非難し、武力介入を支持
してしまった従米ポチな姿でしかない。

 

アメリカの情報が欲しいから
「秘密保護法」が
必要という理屈には、
自律的な道義外交ができない、
情けない日本人の
従米ポチの心理しかないのだ。


ベトナム戦争のときと同じであり、
イラク戦争のときと同じだ。


日本はそのうち
アメリカのウソの
「極秘情報」に騙されて、
侵略戦争に加担する
ことになるだろう。

 

アルジェリア人質事件で、
米英が何か「重要機密」を
掴んでいたとしても、
米英が機密性の高い情報まで
日本に提供する保証はない。


それは「秘密保護法」が
あったとしてもだ。

 

情報に右往左往するよりも大事なことは、
イラク戦争の総括をやってみることだ。


限られた情報でイラク戦争に
断固反対を唱えた小林よしのりと、
日本政府及び自称保守派の
判断のどちらが正しかったのか、
はっきりさせることだ。


入手した情報で
何を決断するかが大事なのであり、
アメリカから情報を入手して、
政策としてはアメリカに反対することなど、
日本にできるはずがない。

 

秘密保護法」の条文を
読解することもできず、
これが危険な運用をされる
杜撰なものだということも
見ぬけないとは、
宮崎哲弥もとうとう
権力の意のままに操られる
サルになってしまったか。


「産経新聞」も「正論」も「
WiLL」も同様の、
権力に目隠しされることで
快感を覚える変態サル
に過ぎない。


アメリカに対してはポチ、
権力に対しては変態サル、
それが自称保守派の正体だ。


変態サルども、
おまえらは北朝鮮が恐くて
イラク戦争に賛成した時点で、
とっくに死んでいる!

 

トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ