ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2013.12.30 11:30政治・経済

首相の靖国参拝のために死ねとは言えない。

よしりん先生の
登場です絵文字:急ぎ



安倍首相の靖国神社参拝は、
やり続ければ欧米諸国も中韓も
無事にあきらめてくれるだろうか?

談話などウソも方便で済むものだろうか?

尖閣諸島では
中国の報復が行われないだろうか?

日本の首相が靖国神社参拝を中断したら、
国民が「戦没者なんか忘れてもいい」と
思うなんてことは断じてない。

少なくともわしは、首相が参拝しなくても、
天皇陛下が参拝できない状況であろうとも、
戦没者への感謝を忘れやしない。

さらにわしは
戦没者への敬虔な追悼が、
 今を生きる日本人への尊厳なる責務

とまでは思わない。

地方に住んでいたら、
靖国神社には行けないだろうし、
せいぜい近くの護国神社に
立ち寄る機会があれば、
感謝の祈りを捧げるくらいだろう。

国民に「尊厳なる責務」を課すのは、
圧が強すぎて、
強制でなくね」と言いたくなる。

そもそもわしが
戦争で死んで祀られたとしたら、
子孫にそこまでの「責務」を要求しない。

戦没者への感謝が、
国民の自然な慣習にまで育つことが
大事なことであり、
それこそが神社の本質であって、
首相など大した存在ではないと、
わしには思える。

慣習が固められれば、
首相参拝のチャンスは幾度となく来る。

安倍首相でなくても、
それができる状況は来るだろうし、
来なければ意味がない。

靖国参拝を、
嘘と欺瞞だらけの談話で
誤魔化すことをせずとも、
できるようにしなければ、
英霊に恥ずかしい。

第一次安倍内閣と現在の局面の違いは、
我が国が尖閣諸島を巡る
チキンレースの最中であるということ。

自衛隊の諸君に、
「首相の靖国参拝のために死ね」
と言う覚悟がわしにはない。

 

みなぼん

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ