ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2014.1.7 03:20

不戦の誓いは東京裁判の肯定なり

よしりん参上!

昨日は仕事始め、わしもペン入れに行ったが、
下描きまでしか進まず、今日またペン入れに行く。

今朝の産経新聞の社説にまた
『「参拝の真意」米に説明を』と見出し、
「揺るがぬ同盟へ総力挙げよ」と書いてある。
すごいね、昨日も書いてあったのに、
相当焦ってるね。

米国が「失望感」を表明するなんて、
小泉首相のときは示されなかったと言ってるが、
当たり前だ。
尖閣も北朝鮮も、局面が変わっている。
同じと思ってるのは産経新聞が
日米同盟依存の平和ボケだからだ。

小野寺防衛相がヘーゲル米国防省との
電話会談で「不戦の誓いが本意だ」と
説明したのは妥当だ、なんて書いている。

だったら尖閣諸島に中国軍が上陸しても、
日本は戦う気がないということになる。

米大統領がアーリントン墓地に参って、
「不戦の誓い」をするなんてことはあるまい。

産経新聞が、「不戦の誓い」と言えば、
戦勝国が納得してくれると思っているのなら、
東京裁判史観を肯定している証拠だ。
それは靖国神社の本質なのか?

そうならたちまちA級戦犯の分祀という案に
合意しなければならなくなる。

国民の多くが首相の靖国参拝を支持してる
らしいが、どうせ意味がわかってないのだろう。

トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ