ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2014.1.24 12:13

『週刊ポスト』『ニューズウィーク日本版』の「靖国」記事

現在、発売中の『週刊ポスト』(1月31日号)と
ニューズウィーク日本版』(1月28日号)
靖国神社を取り上げている。

『週刊ポスト』は
「フォトルポ 靖国神社 新聞・テレビ報道ではわからない奥の奥」
題した巻頭のカラーグラビア8ページの企画。

私も些かお手伝いしたから手前味噌になるが、
貴重な写真が満載で一読の価値はある。

切り口は
世界では米国のアーリントン墓地のように戦死者を
慰霊する施設が
問題視されることはない。
様々な議論があるが、
百聞は一見にしかず。
まずは一度訪れることをお勧めしたい」
というもの。

『ニューズウィーク日本版』は「劇場化する靖国問題」という特集。

2本ほどは以前の記事の再録ながら、
タイムリーで読み応えがある。

事実誤認や、やや混乱した記述もあるが、
商業ジャーナリスズムとしては全体として
バランスの取れた内容に
なっている。

表紙にある
戦没者のための慰霊の場を外交対立の道具に変えた
中韓の欺瞞と日
本の怠慢」というキャッチコピーが、
編集部の基本的なスタンスを示している。

近年は反対派から靖国批判の材料にもされている、
同神社の付属博物館、遊就館をめぐる記述を2ヵ所、
いておく。

J・バークシャー・ミラー
米戦略国際問題研究所太平洋フォーラム研究員)

実際に遊就館に行ってみて、私はいい意味で驚かされた。
展示は内省的な内容で、戦争を美化するものではなかったからだ。
遊就館を見終わった私は、こういう感想を持った。
多くの戦争を経験してきたすべての国と同様、
日本にも戦死者への哀悼を表現する場所があっていい、と」

廖建明(ジャーナリスト)

私は靖国神社自体にはまったく問題を感じない。
ただ、
その敷地内にある軍事博物館の遊就館はひどいものだ。
遊就館は、
戦争の歴史をゆがめている。
日本の戦争は正しかったとたたえ、
悪事から目を背ける。
実際、
遊就館には中国が批判するすべてがある。
だが批判する人々は、
ある決定的な事実を思い起こす必要がある。
靖国神社も遊就館も、
奉納金や寄付金などによって
運営されているということだ。
もし国が助成していたら大騒ぎになるだろうが、そうではない」

靖国神社は慰霊(同神社では「奉慰」という言葉を使う)
だけでなく、
顕彰の「聖地」でもある。

むしろ重点は、顕彰の方にあると言ってよかろう。

だから、中国系ジャーナリストが遊就館の展示を観て、
彼の観
点からは
「日本の戦争をたたえ、悪事からは目を背ける」

受け取られてしまうのは、
ある意味ではやむを得ないのかも知れない。

だがアメリカの研究者が同じものを観て、
その「内省的な内容」
に「いい意味で驚かされた」と
感想を述べているのは、興味深い。

なお、1月25日発売の『WiLL』3月号に
「『靖国参拝』
もう中断は許されない」という一文を認めた。

紙数の制約で述べ足りないところもあるが、
関心をお持ちの方は覗いて欲しい。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ