ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.1.27 03:27ゴー宣道場

「永遠の0」と「小さなおうち」

高森・切通氏の動画『誰も見たくない時事楽論』
「映画『永遠の0』は傑作か愚作か?」
やけに面白かった。

今の若者が祖父の生きた時代を知るという
コンセプトは、「男たちの大和」で使用済みの手法だ。

「命の尊さ」をテーマにした時点で、
戦後ヒューマニズムだ。

反戦の装いをこらしてサヨク方面に媚びを売り、
特攻のヒロイズムを利用して右方面も騙す
という手法が、商売上手ねと言うしかない。

わしはそんな手法には、
もうとっくに飽きてしまっている。

見ないでも分かる気がするので、
見ないつもりだった。

果たして高森・切通氏の感想で、
意を強くした次第である。

では、山田洋次監督の『小さなおうち』
どうなんだろう?

現代の若者の歴史観を入り口に
、祖母の世代へ繋ぐ手法は同じようだが、
庶民の生活を描くことで、戦前・戦中のリアルを
描き出す手法は面白いかもしれない。

いっそのこと32日(日曜)の「ゴー宣道場」を、
『永遠の0』『小さなおうち』を題材にして
議論してみるというのも楽しいかもしれない。

まだ未定だが、「戦前と戦後の空気感」について
語り合うのはどうだろう?

だがそうなると、あまり見たくない『永遠の0』
見なければならないのか?
もし「ゴー宣道場」でやるなら、映画を見なくても
楽しい議論を心掛けなければならない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ