ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.2.2 11:52皇統問題

田中卓氏の新書、面白い!

仕事上、読まねばならない本が膨大にあって、
やっと読み始めたのが田中卓先生の
『愛子さまが将来の天皇陛下では
いけませんか』
(幻冬舎新書)である。

いきなり平野国臣が「戀闕第一等の人」と称せられて
いたことを知り、その短歌に感動した。
「斯くばかり 
    悩める君の 御こころを 
       休めまつれや 四方の国民」

素晴らしい!
涙が出そうだ。
現在の自称保守の中に、ただの一人も
この感覚を持っている者はいない。
なんということだろう!

吉田松陰の手紙にある文章にも感動した。
「天照大神の神勅に
日嗣(ひつぎ)の天壌と与(とも)に窮(きはまり)無しと
これ有り候処、
神勅の相違なければ日本は未だ亡びず、
日本未だ亡びざれば正気重(かさね)て
発生の時は必ずある也、
只今の時勢に頓着するは、
神勅を疑うの罪、軽かざる也」
この一文には励まされた。
さすが松陰の尊皇心は恐るべしである。
長州出身のネトウヨ首相には、
この心が分かる日が来るのだろうか?

 『愛子さまが将来の天皇陛下ではいけませんか』田中卓著

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ