ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.2.3 01:12皇統問題

田中卓こそが神武天皇の実在を証明した

田中卓先生の幻冬舎新書
『愛子さまが将来の天皇陛下ではいけませんか』
を読んでいる。
新田均は側室制度がなくても男系継承を維持できると言い、
その理由は「現代医学の進歩」と「旧皇族の復帰」だという。
それでもダメなら「女系を謹んで受け入れる」そうだ。

な―――んだ。
ならば女性天皇・女系天皇の誕生は「国体破滅」とは
信じてないということだ。

田中卓先生はこう書いている。
「私は、女性(女系)天皇ともなれば、国体破滅と
断言する反対派達は、外国にでも亡命するのか、
と思っていたが、そうでもないらしい
(この点が、天皇陛下と御一緒に敗戦を迎え、
国体と運命をともにしてきた私どもとは違う。
少なくとも私どもは、皇統廃絶となれば、
最後の覚悟は決めている)。」

恐るべき学者である。

そもそも神武天皇は単なるフィクションと
信じられていた学会で、田中卓はその実在の証明に
挑戦した学者なのだ。
皇統は神武天皇から男系だと男系固執論者は
あっさり言うが、「神武天皇」を歴史の実在人物のように
言えるのは、田中先生の研究があったからではないか!
おまえたちが独自に神武天皇の実在を証明できるのか?

田中卓に依存してるくせに、田中卓を侮辱し、
無知の輩を扇動して運動を起こし、
結果、天皇陛下に多大なる苦痛を与えている
新田均・八木秀次らを絶対に許してはならない!

 『愛子さまが将来の天皇陛下ではいけませんか?』田中卓著

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ