ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.2.13 07:20

村山談話・河野談話に未来はあるか?第2回

村山談話・河野談話に未来はあるか? 

2回 それは「内閣の意思」である

 

河野談話」が成立したのは1992年(平成48月。

いわゆる「従軍慰安婦」に対して謝罪する内容である。

村山談話」は3年後の1995年(平成78月に成立。

第二次世界大戦の敗戦に至る日本の歴史を全部、
まるごと謝罪する内容である。

 

河野談話が「従軍慰安婦」という極めて個別具体的な
問題に謝罪しているのに対して、
村山談話には具体的な問題の特定が一切なく、
極めて漠然とした表現である。

そのため、とにかく日本が敗戦に至るまでにやったこと、
全てが悪かったから謝罪すると解釈できるようになっている。

 

他にも、河野談話が宮沢喜一内閣の官房長官の談話で、
閣議決定はされていないとか、
村山談話が村山内閣の首相自らの談話で、閣議決定
されているとかいう違いはあるのだが、
それはここではさほど重要ではない。

重要なのは、このようにして出された談話は「内閣の意思
であり、河野洋平や村山富市個人の意見には留まらない
ということである。

 

もし仮にいま河野洋平や村山富市が悔い改めて
(まあ、絶対あり得ないことではあるが)、
過去の自分の談話は誤りだったと言ったとしても、
談話は取り消されることはなく、歴代内閣に引き継がれる。

一度表明された「内閣の意思」は、その後の総理大臣が
特に踏襲すると発言しなくても、明確に否定しない限り、
次の内閣に引き継がれる。

ましてや安倍首相は、河野談話・村山談話の継承を
はっきり明言しているのである。

 

禍根を残した張本人は、確かに河野洋平と村山富市である。
しかし、この二人だけを売国奴呼ばわりしても、
今さら何も状況は変わらない。

談話を継承し続けてきた歴代首相も河野・村山と同様の
売国奴であり、談話を明確に否定しない限り、安倍晋三も
売国奴なのである。

安倍晋三だけは、この二つの談話を継承しても許される
という根拠など何もない。

ましてや「戦後レジーム」の転換などと大風呂敷を広げた
からには、自虐史観を払しょくしなければ嘘であろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ