ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.2.14 03:44

安倍晋三は独裁者の素質あり

安倍晋三って、やっぱり「憲法」の意味がわかってないようだ。

野党が徹底的に弱体化し、国民も従順になり、マスコミも
大本営発表の機関紙に成り下がって、小泉純一郎まで
退けたから、恐いものなしになってしまった。
まさに独裁政権だ。

 

そこで衆院予算委員会での集団的自衛権の行使を認める
憲法解釈の変更を巡り、
安倍首相は「(政府の)最高責任者は私だ。
政府の答弁に私が責任を持って、
その上で選挙で審判を受ける
」と発言した。

 

これに対して自民党内からも反論が出てくると、
ネット右翼どもが反論者に対して、口を極めて罵っているという。

馬鹿な首相の独裁欲を賛美する、馬鹿な禿(かむろ)か紅衛兵、
今の日本は保守になったのではなく、完全に右傾化している。

 

安倍首相の発言は、「選挙で勝った者が憲法解釈を変える
という発言であり、将来、民主党が政権奪還したら、
また解釈を変えていいということになる。

そんなデタラメな理屈を首相が言っていること自体が異様だが、
そもそも安倍自身が「立憲主義」を否定する立場なのだから、
どうしようもない。

 

国民もマスコミも、「権力者を縛る最高法規は要らない
と言っているのだし、「独裁制でもいい」と言っているのだから、
とことんやってみるのも面白いかもしれない。

独裁の恐ろしさを国民は味わえばいい。

 

集団的自衛権に関しては、わしは行使の方法と限界を
的確に明示した法が作れるなら、行使容認でもいいと思っている。

国際法上は個別的自衛権も集団的自衛権も認められる。

だが、米軍と共に自衛隊が中東で戦うような馬鹿馬鹿しい
集団的自衛権は認めない。

他国の戦争に巻き込まれるのはごめんだ。

 

オレ様は首相であり、最高権力者だ、オレ様が法だ!
と言い出す権力者を縛るのが憲法なんだが、
もう憲法の意味も国民がわからないからどうしようもない。

 

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ