ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.2.17 23:50

村山談話・河野談話に未来はあるか?第6回


村山談話・河野談話に未来はあるか?

第6回 70年代自虐ブームの便乗本『従軍慰安婦』

 

「従軍慰安婦」という間違った言葉を作り、世に広めたのは

千田夏光(せんだ・かこう 1924-2000)という作家である。

 

昨今の出版界は「反中・嫌韓」と「日本賛美」の大ブームで、

雑誌の特集記事でも書籍でも、とにかくどんな内容だろうと

中国・韓国の悪口を書き、日本の過去の歴史や現在の文化は

素晴らしいと書けば売れる状態だ。

 

だが1970年代の出版界は真逆だった。

今では信じがたいが、戦争中の日本はとにかく悪逆非道で、

素晴らしき中国・韓国の人々に、耐えがたい苦痛と損害を

与えたと書けば売れたのである。

極端な自虐ブームから、極端な自尊ブームへ、

中国人・韓国人もしょうもないが、日本人も誇れるほど

美しくはない。

 

70年代「自虐ブーム」の火付け役は、朝日新聞記者・

本多勝一の『中国の旅』だった。

本多記者が戦時中の「日本軍国主義の残虐行為」を

中国現地取材するというのだが、その中身は文化大革命

真っ最中の中国で、中国共産党が用意した「証言者」の

言うことを、ウラ付け取材も一切せずただそのまま書く

というとんでもないものだった。

いま読めば明らかにウソ話だらけの代物なのだ。

しかし朝日はこれを、大キャンペーンを張って連載。

単行本は1972年(昭和47)に刊行され、大ベストセラー

となった。

 

こうなると他の新聞社・出版社が追随するのは世の常である。

商売になるから「嫌韓・自尊」に走る今と真逆のブームが

起こっただけだ。

そうして数多く出版された同工異曲の本の中の1冊が

1973年(昭和48)に出版された千田夏光の『従軍慰安婦』で、

これも続編と合わせて50万部を売るベストセラーとなり、

東映で映画化もされた。

もともとブームに便乗した本で、タイトルからして

「従軍慰安婦」という間違った言葉をつけているのだ。

内容も推して知るべしといったところである。

 

実際、記述には多くの誤りが指摘されている。

一例を挙げれば、軍需工場などへの勤労動員である「挺身隊

として動員された朝鮮人女性20万人のうち5?7万人が

慰安婦にさせられたなどと書いてあるが、これは全くの

事実無根で、挺身隊として動員された者が慰安婦にさせられた

例は一つも確認されていない。

ところが、『中国の旅』でもそうだったように、

どんなウソ話でもノンフィクションの体裁で一度世に出て

しまうと、それはどんどん一人歩きしてしまうのだ。

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ