ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.2.18 00:37新刊情報

大東亜論のこの感想には闘志が湧いた

三輪尚信という方から頂いた『大東亜論』の感想が
有り難かったので、全文紹介してしまう。
すごく知的で、わしの闘志に火をつける文章だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「美しい日本」、「日本を取り戻す」、と人はいう。その言やよし。
しかし、何を「美しい」とし、何を「取り戻」そうというのか。
単に、自然や景観のみをいうのか、失われた10年を
取り戻したいのか。そうではないだろう。
それは、その美しい自然や景観とともに生き続ける、
美しい「日本人」であり、取り戻すのは、その美しい日本人の、
その美しい「精神」でなければならないと思う。

「美しい日本人」、「美しい精神」はどこにあるのだろうか。
それは単なる神話や観念の世界にではなく、
父祖の築き上げた生々しい「歴史」の中に見出されるものだ。
特に我々の時代とそんなに遠くは離れていない、
苦難と悲しみに満ちたこの国の「近代」に、
「近世日本」が鍛え上げた「道義」の精神を担って格闘する
人々の中にそれを見い出す時、
同じ国に、新たなる試練を抱え、今を生きる我々は、
そこに確かな勇気と激励とをうけとることができる。

言論の世界は多様であってよいし、またそうでなければならない
けれども、その一角には、今を生きる日本人の「生」に、
その意味を深く問いかけ、それに充実を与えうるような
役割を担う活動がなくてはならいと思う。

一般には馴染みが薄い玄洋社の人々に光を当て、
「義」に生きた先人の姿を我々の心に蘇らせようという
『大東亜論』は、このことを真正面から引き受ける
重大な意味を持つ、今、最も必要な企画だと思う。
史論として正確であるし、何よりも物語として面白く
迫力に満ちている。

我々にとって、今、最も急がねばならないのは、「精神の回復」
という事業であろう。
しかし、そのために我々に与えられた時間は決して長くは
ないだろう。
我々は急がねばならない。

『大東亜論』は、やっと「巨傑誕生篇」として産声を上げたばかり
だが、我々は、早くそれが成長していく姿が見たいし、
その成長とともに、必ずや日本の「正気」が回復されるであろう
ことを信じて疑わない。
小林先生、続篇、続々篇、急いでください。
鶴首して待っています。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ