ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2014.2.18 12:32新刊情報

厚くて熱い!『大東亜論』読者カード感想のご紹介!

『大東亜論 巨傑誕生篇』
読者カードの感想が届きましたので、
ごく一部ですが、ご紹介します!


出てくる人物の器量、度胸、志のどれもがとにかくでかい!
そして生き様が熱い!
本当にこんなマンガの主人公みたいな
人達が実際に存在していたのか?
と疑いたくなるくらい破天荒なキャラのオンパレードで、
そんなキャラクター達に引きずり込まれるように
スト―リーに没頭してしまってました。
明治には政界にも市井にも本物の「漢」が多くいて、
日本の将来を真剣に憂いていたからこそ、
今以上に弱肉強食の時代を
日本は生き抜くことができたんだと思います。
彼らの思想や実行力の一部でも、同じ日本人として自分の中に
この物語を通じて吸収できれば…、いや、しなければ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭山さんが、だんだんよしりん先生と重なって見えてきました。
よしりん先生のこれまでのゴー宣は、
この大東亜論という大洋に行きつくための
ものだったのだと思いました。
私も一人でいて淋しくない人間になれるよう、
信念を持って生きたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

面白かった。
本のブ厚さに見合った骨太の群像劇に
魅きつけられました。
今後も楽しみです。
物語に引っぱたかれ、頬がじんじんするような
爽快感でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

玄洋社の事は、初めて知りました。
よしりんが、今注目するのはよくわかる気がします。
幕末に生まれ昭和まで生きた、福岡出身の方となれば、
(頭山満のことは)僕もすごく興味がわきます。
それ以上に、今の時代には想像もできない、
国を憂うこの人たちの思いが熱く伝わります。
様々な歴史をそれを世に問い続ける。
真実とは何か?を問い続ける。
日本という国は何か?自分とは何か?
いつも考えさせられます。
ありがとうございます。

物語はまだまだ続く!
ぜひこの壮大な物語の
始まりをご覧になり、
そして感想をお送りください!

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ