ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.2.19 15:23

村山談話・河野談話に未来はあるか?第8回

村山談話・河野談話に未来はあるか?

8回 慰安婦強制連行・唯一の証言はウソだった!

 

昭和58年(1983)、吉田清治(本名・吉田雄兎)という男が
書いた『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』という本が
出版された。

これが諸悪の根源だった。

その本が、どんな内容だったか紹介しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

著者の吉田は戦時中、「労務報国会」という半官半民の
組織の山口県下関支部で動員部長をしていたという。

その際に軍から「皇軍慰問・朝鮮人女子挺身隊二百名」を
集めよとの「動員命令書」を受けて朝鮮の済州島に渡り、
若い女性を狩り集め、慰安婦にしたとザンゲした。

 

木剣を持った隊員と、銃を持った兵隊が民家の戸を開けて
踏み込んで女を捜す。

隊員や兵隊たちは二人一組になって、泣き叫ぶ女を
両側から囲んで、腕をつかんで次々に路地に引きずり出す。

かん高い悲鳴をあげて暴れる娘たちを取り押さえ、手を
ねじ上げてトラックへ引っ張って行き、幌の中へ押し込む。

兵隊たちが「役得」をあてにしているというので、
30分の小休止を与える。

兵隊たちがトラックの幌の中に乗り込んでいき、
娘たちの悲鳴と兵隊たちの笑い声が起こる。

娘たちはすぐ、兵隊たちに慰安婦にされてしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…といった話が、この本には延々と記されている。

銃剣を突き付け、抵抗するものは容赦なく殴る蹴るして、
まさしく「奴隷狩り」のごとくに強制連行したというのが
吉田証言だった。

慰安婦強制連行の証言は、これ以外は一件もない。

そして、この唯一の証言が完全なるウソだったのだ。

 

1992年(平成4)、現代史家の秦郁彦氏は済州島へ
現地調査に向かった。

そこで判明したのは、島民が「でたらめだ」と一蹴し、
数年に渡って追跡調査した郷土史家は「事実でない」と
結論付けて「この本は日本人の悪徳ぶりを示す軽薄な
商魂の産物と思われる
」と憤慨していたという事実だった。

秦氏は地元紙の記者に「何が目的でこんな作り話を
書くんでしょうか
」と逆取材されて答えに窮し、
こう答えるのが精一杯だったという。

有名な南京虐殺事件でも、この種の詐話師が
何人か現われました。彼らは土下座してザンゲする
くせがあります

吉田もパターン通り、韓国を謝罪行脚して
土下座していたのだった。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ