ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.2.21 07:48日々の出来事

五輪選手に敬意くらい払え

わしはオリンピックにさして関心がないのだが、
さすがに浅田真央ちゃんが最後に美しい滑りを
見せてくれたのには、ほっとした。
ストイックに生きてきた選手が傷つくところは見たくない。

だが、このソチ五輪の最中に、上から目線で
選手にえらそうなことを言う者がいるのは呆れる。
森喜朗元首相が「見事に引っくり返った。あの子、
大事なときには必ず転ぶ」と言って、炎上したらしい。

竹田恒泰はもっと酷くて、自分を日本人としての
指南役と思ってるらしく、
日本選手は胸に手を当てて君が代を歌うな」とか、
君が代は聞くのではなく歌え」とか、
メダルを噛むな」とか、
負けたときに、楽しかった、思い出になったは
あり得ない」とか、言いたい放題だ!
一体、何様のつもりだ?
明治天皇の「女系の」玄孫の肩書で飯食ってるくせに、
「皇統は男系のみ」と言い張る「ニセ旧皇族」の分際で!

わしはこういう「形式主義」が大嫌いだ。
竹田のような奴を日本人の代表とは認めない!

スポーツに関心のないわしでも、超人は超人として
認めるし、偉業には敬意を払う気持ちくらいある。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ