ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.2.22 04:05

日米関係は安倍政権で悪化した


日米関係は安倍政権で悪化した。

これは確実である。
民主党政権では鳩山由紀夫が米軍基地の県外移転を
模索し始め、米政府を困惑させたくらいのものだ。

安倍政権は、まず日米関係の絆を取り戻すと高らかに

宣言して始まったが、安倍首相の国家主義的な言動の

せいで、日米間は感情的にどんどん悪化している。

 

安倍首相の靖国参拝や、ダボス会議での第一次大戦を

例に出す発言などで、

北朝鮮に対して、日韓が一枚岩になれないリスクと、

尖閣諸島で中国との衝突が起こるリスクと、

日中関係の悪化が中国初の世界同時株安を招く

リスクをアメリカは警戒するようになった。

アメリカ人にとって安倍首相ほど不気味な存在はない。
日米同盟の強化で抱きついてくるのに、戦勝国が作った
戦後レジーム否定・東京裁判否定の動きをするのだから、
どういうつもりだと思うのは当然だ。

 

そもそも「親米・保守」という二律背反の観念は

成り立たないということを、わしはずっと唱えてきた。


安倍信奉者や自称保守&ネトウヨがいつまでも
民主党政権の
失敗をあげつらうのはもはや馬鹿馬鹿しい。

安倍政権はオバマ政権に警戒されている。

オバマ大統領は安倍晋三を嫌いだろう。

嫌われているから、益々、安倍首相は日米同盟の強化に

躍起になるのである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ