ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2014.2.22 10:40震災・原発問題

原発推進の論理は「空想科学」の世界!

原発推進派の言ってることは、
「空想科学」の世界!!
ライジングのコメント欄から
ご紹介します。


みるみるさんが紹介してくれた 
http://president.jp/articles/-/11634
で飯島勲氏は
原子力開発を加速させることこそが
核廃棄物の問題を解決できると主張しています。
その内容は、
使用済み核燃料は再処理することによって
放射能の低減期間を10万年から8000年に短縮でき、
高速増殖炉で焼却することにより300年にまで
短縮が可能である、というものです。
飯島氏は
「使用済み核燃料は再処理で
有害物質を減らしてから埋めるのである」
と述べていますが
再処理とは使用済み核燃料を切り刻み
硝酸で溶かして有用なウランやプルトニウムを
抽出精製するものです。
このような化学反応によって
放射能が低減することはありません。
核種ごとに分別することで
処理が効率化されることが期待されるだけです。
放射能を低減するためには
別に適切な原子炉や加速器を開発して
焼却する必要がありますが実用化のメドは立っていません。
現状は再処理によって発生する
極めて放射能の高い廃液を溶けたガラスに混ぜて
固めてガラス固化体として保管しているだけです。
これで有害物質が減っているといえるのでしょうか。
日本はいまだに再処理工場を本格稼働できない後進国で
再処理の多くをイギリスやフランスに依頼しています。
イギリスやフランスから送り返されてくる
ガラス固化体の放射能の低減期間は10万年です。
日本で再処理をすれば
低減期間を8000年に短縮できるというのは
『なぜ日本は世界に先駆けて高速増殖炉を開発し
核廃棄物を焼却できるのか』といった技術分野における
誇大妄想にすぎません。
飯島氏が核廃棄物の処理に使えるとしている高速増殖炉ですが
元々は使用済み核燃料を再び核燃料に転換できる
夢の原子炉として計画され
アメリカ、イギリス、フランス、ロシアが
1950年代前後から開発を始めましたが
技術的な困難さから撤退が相次ぎました。
周回遅れで日本、ドイツ、イタリア、が
1970年代に参入しましたが、
こちらも日本以外は撤退しています。
(この組み合わせはちょっと面白いですね)
いまだに、しつこく高速増殖炉の開発を続けているのは
日本、中国、インド、フランス、韓国ですが
ほとんど計画のみで、
まともに動いている
高速増殖炉はほとんどありません
実用化の見通しも2040年頃で
高速増殖炉の開発が始まってから
100年近くになりますので
実現は不可能と見てよいでしょう。
高速増殖炉は高速中性子を使うために冷却材として
中性子を減速させにくいナトリウムを使うのですが
ナトリウムは水に触れると激しく反応するため非常に危険です。
「もんじゅ」ではナトリウム漏れから火災を起こしています。
このように危険すぎて実用化が不可能な原子炉で
核廃棄物を処理するなんて発想は空想科学の世界ですが、
この炉で天然ウランや劣化ウラン(ウラン238)を
燃焼させると高速中性子を吸収して
核燃料として利用可能なプルトニウム239に
転換することができます。
これを応用すれば使用済み燃料に含まれる
長寿命の放射性物質の一部を寿命の短い放射性物質に
変換することが可能であると飯島氏は主張しているわけです。
それ以前の問題として
再処理すらおぼつかない
日本の技術で長寿命の放射性物質を
きちんと分離できるのでしょうか?
適当に核廃棄物を高速増殖炉に放り込めば
消滅処理ができるというようなものではありません。
身の丈にあった方法を考えたほうがいいと思います。
これらが技術的に難しいことを飯島氏は
知っているからなのか
放射能の低減期間を300年に短縮できるなら
必要性の少ない最終処分場に話を移します
飯島氏は使用済み燃料やガラス固化体の
冷却に時間がかかることや、
使用済み核燃料中間貯蔵施設や
高レベル放射能廃棄物貯蔵管理施設で
長期間貯蔵できることを指摘して
最終処分場が必要になるまでには
時間的余裕があると述べています。
時間的余裕があるからといって
行き場のないのない核のゴミを増やしてもいいという
飯島氏の理論は理解不能ですが、
これ以上核のゴミを出さなければ
当面の保管場所は確保できている
ということは言えるでしょう。
これらの保管場所には安全性の問題があるので
いつまでも置いておくわけにはいきませんが
時間を稼ぐことはできます。
せっかく稼いだ時間は核のゴミを増やすのに使うよりは
安全な処理方法の開発に使うべきでしょう。
原発利権を維持するために、
すでに破綻している高速増殖炉を持ち出し
まだ余裕があるから核のゴミを増やせ
と主張する姿を見ていると
どうせ頭を使うのなら
もう少しマシなことに
使えばいいのにと思います。
トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ