ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2014.2.22 23:00新刊情報

『大東亜論』で明治の愛国者の魂に触れる!

今日も大東亜論 巨傑誕生篇』
の読者カードに書かれた
ご感想を紹介していきます!

今までの歴史認識や、明治・大正・昭和初期の
人物像に対する認識を大きく変えさせる内容でした。
これほどまでに豪快に、強い意志を持って生きた
人々の話を知ると、現在の日々の生活等における悩みなど、
取るに足らないちっぽけなモノだと感じてしまいます。
読み終えて、身体の芯から熱くなり、元気をもらえました。
早く続編を読みたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「一人を以て千万人に当たる」
戦後民主主義にそまった私にとっては、
衝撃的な言葉でした。
そういった人物が今日本に
いるのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

欧米列強に外交的にも文化的にもヘコヘコして
貴重な国柄を売り渡してしまったり、
「原則論」と「戦術的戦略論」を装った「妥協策」
の対立は、自分もそうですが日本人の臆病さ
なのかと思いました。(臆病だからこそ見苦しい最期に
ならないように武士道が発達したのでしょうか?)
個人としては「来島のように大義のために自決できるか?」
と自問しましたが、やはりそれはできそうにありません。
しかし「人はいつか必ず死ぬ」という命題に、
戦後の日本は「楽しく生きる」と答えてきましたが、
『大東亜論』を読んで僕はこれから
「いかに死ぬか」を自らに問いながら生きようと思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めて目にする人名多数でしたが、教科書で昔習った
歴史人物の他にも愛国の志士が居たことに感銘受けました。
でも、1番印象に残ったのは、頭山と刈藻の話かなあ。
すごく身を乗り出して見入った。(笑)
続編が楽しみでなりません。小林先生がんばって下さいね!
東大一直線からのずっとファンです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明治の時代に本物の愛国者が居た事を知った。
今のインチキな保守政権から、
真の日本を取り戻さなくてはならないと
強く思った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この時代の人達はこんなにも「熱き魂」を持っていたのか
と思うと今の「TPP」などの国辱を簡単に受け入れてしまう政府にも
体を張って止めようともしない野党にも情けなくなります。
おそらく彼らは「テロ」を「絶対悪」としてしか見てなく、
来島のやった事は単に「憎悪」ではなく「愛情」のうら返し
である事も理解しないのでしょう。ちなみに来島の法事に香料を
送る大隈にもちょっと好感を持ちました。
もちろん彼のしようとした事は認められませんが…
よしりん先生も相手を批判するのは相手の事を思っているから、
今の何でも「朝鮮人」のせいにする「ネトウヨ」とは違う
究極の慈悲「不動明王」の姿ですよね、まさに。
続きの大東亜論楽しみにしてます。
5冊、10冊もっともっと出して下さい。
先生・スタッフ・編集の皆様もお身体に気をつけて。

  

明治の愛国者の魂に触れ、
現在の自らの生き方まで問い直す
かつてない歴史巨編!

『大東亜論 巨傑誕生篇』
大好評発売中!

『大東亜論 血風士魂篇』
SAPIOにて連載中!

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ