ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.2.23 04:13

村山談話・河野談話に未来はあるか?第13回


村山談話・河野談話に未来はあるか?

13回 言葉は外交の武器である

 

NHK籾井会長が212日の経営委員会でこう述べた。
記者会見のテキストを全部見てほしい。私は大変な失言を

したのでしょうか?

いやはや、やれやれだ。

籾井発言を非難する左派は、公共放送の会長が政権の肝いり

では、中立性が守れないことを案じている。
しかも籾井の「慰安婦問題を否定する」発言が許せない。

逆に擁護する右派は「籾井発言は間違ってない」と言っている。
個人の意見とNHKの報道傾向は切り離せるという理屈だ。

左派も右派も、わしの観点とは違う。
わしは「籾井発言は間違っている」し、「大変な失言だ」と

言っている。


確認しておくが、籾井は「韓国が日本だけが強制連行した

ように主張するから、話がややこしくなる」と言ったのだ。

では、「日本も韓国も外国も強制連行した」と言えばいいのか?

冗談ではない。
日本は「強制連行(人さらい)」などしていない!
強制連行したと認めてはならないのだ!

言葉一つが歴史認識に重大な影響をもたらすし、

言葉一つが外交における情報戦の命取りになる。

外交における言葉は武器である。

壊れた武器を持って外交に勝てるわけがない。


右派も左派も含めて、国内だけの放言・暴言で自己満足

している「平和ボケ」の連中は、

「言葉という武器」を全然磨かない。

言葉は鋭利に磨き上げ、慎重に使わなければならない。

不正確な言葉が忽ち世界を駆け巡る時代なのだから。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ