ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.3.1 03:01

極右のヘイトスピーチがいよいよ国際問題に

東京新聞に「日本のヘイトスピーチ」「欧米 高まる懸念」という
記事が載っている。
在特会やネトウヨの人種差別・ヘイトスピーチが、いよいよ
国際問題になってきた。

米国務省の人権報告書では、「極右団体」という言葉を明確に
使っている。
ゼヤ国務次官補代行は「少数者への社会的差別や不寛容を
正す必要がある。ヘイトスピーチに対しては、それを圧倒する
声を上げるのが重要だ
」と述べる。

英外務省のホームページには、六本木は「時折、民族主義者
によるデモがあり、外国に敵意を示している。デモに気付いたら、
その場から離れるべきだ
」と載っている。

安倍首相は国会でヘイトスピーチについて「極めて残念」と
言うには言ったが、そもそもネトウヨは安倍政権の
「コアな支持者」であって、安倍首相は強く批判は出来ない。

フェイスブックの「いいね!」を押してくれるネトウヨには
頭が上がらないというのが実態だ。

この安倍の支持層が危険だということは、わしは政権発足時から
朝日新聞のインタビューでも述べて、警告してきた。
だが実質、安倍政権が泳がせてる連中だし、国際社会から
安倍政権こそが日本の右傾化・排外主義の元凶だと見られるのは
仕方がないだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ